カウンター
[PR] ネイルスクール まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目 リアルライフオフライン

まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目

mabinogiとかオフゲーとかリアルライフとか

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

肉とラーメンと私 

2010.02.17 20:22

今回冒頭の写真が最後に撮ったおつまみ画像って一体! 何なの!?

やりいか

というわけでやりいかさん。
既にゆでてあるらしくそのまま食えるようなので手軽さに惹かれて。
ところが酢味噌がついていなかったので自作する羽目に。 小皿へ酢を適当にだばぁして味見しながら味噌溶いて追加して、最後に醤油をほんのちょっと。
正直特に期待はしていなかったんですが結構美味かった。 やりいかさんパネェ。

ロースカツと明太チーズカツ

さぼてん。
期間限定品らしい明太チーズカツを推していたのでつい狙い通りにホイホイ注文してしまったんですが、後から気付いた。
明太子+チーズ、美味そうなのは確かだけどどんな味かは容易に想像がつくじゃないか!
思った通りの味で普通に美味しいだけだったので、それなら何か別なものを頼むべきでした ぎゃふん。

サラダと塩ユッケ

新年会で行った焼肉屋にて。
ぎゃーすさまじくぼやけてる!
右にサラダ、左に塩ユッケ、真ん中にひじき・ナムル・キムチ。
そういやユッケ食べるの久々だったなぁ。 大概どこでも高いんですよねユッケ。

もつ明太

モツ明太。
これが最高でした。 最高でした。 大切な事なので2回言いました。
モツの脂と明太子の味相乗効果だと……!?
気に入りすぎたので最後まで1個とっておいて締めに食べたんですが、流石に散々おにくカーニバルした後のお腹いっぱいな時だと脂がキツかったなんて言えない。

フレッシュミィィィィィィィィトゥ!!

フレッシュミィィィィィィィィィィィトゥ!!(3人分)
やばい左上がタンだって以外どれが何だかわからない。
見た目で区別がついたのはこれと別に出てきたホルモン皿の4種だけとかなんという知識不足。


以下ラーメン
とんこつラーメン

最寄駅近くのラーメン屋さんにて、前回黒を頼んだので何も入れていない通常のものを。
因みに通常・黒(にんにく風味のマー油)・赤(唐辛子)の3種のようです。
多分これは50円トッピングねぎプラス。
いやぁ細麺粉落としはいいねぇ、注文して数十秒で出てくるよ。

トッピングねぎ

濃いとんこつ(普通のとんこつより200円くらい割高)を食べられる所にて150円トッピングねぎプラス。
「150円」のねぎトッピングを頼むと山になって出てきますねぇ。
なんか最近昔程にねぎを好きではなくなった気がします。

トッピング揚げねぎ

人気店らしい所にて、トッピング揚げねぎ。
見るからに焦げてるって感じなのに苦みがなく香ばしい、っていうのは家庭でも出来るものなんだろうか。
火力が足りなくて無理とかそんなオチが待っていそうな気がしないでもない。

赤味噌ラーメン

初めて行ったチェーン店らしいお店にて赤味噌ラーメン。
前々から美味い味噌ラーメンを食べてみたいと思っていたんですが、それよりとんこつを食べたくてついとんこつの店ばかりに行っていたのをなんとか誘惑に打ち勝って。
味噌の味のあとに旨味と甘味が~、とか初めてとんこつラーメンを店で食べた時と同じような感想だったとかどういうことなの……
唐辛子ぶち込んで丁度良い辛さにしてみたらただでさえ美味しくて素敵なのがさいきょうになりました。

一人焼肉 12回目 

2010.01.18 20:35

お高い焼肉に行く予定が入ったので急遽予定を早めて行ってきました。

一人焼肉 1 2 回 目

前半戦

左奥:にんにくごま油
右奥:豚タン
左真ん中:豚バラ
右真ん中:砂肝
左手前:牛ミノ
右手前:極上トロカルビ

実は当日までラーメン行くか焼肉行くか迷ってて、そのせいでうっかり前回何食べたのか確認するのを怠ってました。
どうやら覚えてなかったのに前回とかぶってはいないようだ、鉄板のカルビ系と豚タンは置いといて。
SS上げる時にぼやけた写真っぷりにちょっと絶望したけど、この後網に乗せた写真があるからいいよね……?
全体撮ろうとすると立ったくらいの高さまで携帯電話上げなきゃならんのがなぁ。 と、言ってから単に立ちあがって撮ればいいと気付き。
一人で来た上に高く腕上げて携帯構えてんだから、今更立ちあがった事で向けられる奇異の視線くらい大したことないな、うん。

全種乗せ

まずは全種乗せ。
豚バラさんの存在感がすさまじい、これで290円ってんだから素敵過ぎます。
問題は4枚しかなかった事。 前に注文した時も言ったような記憶がありますが、大事な事なので2回言いました。
上の全体写真の通り、色の違うのは牛ミノさんです。 タレをまとわせたタイプのおにくは塩か味噌かを選べるんですが、その事すっかり忘れて単に種類だけで注文したら他は塩なのにミノさんだけ味噌だったというオチ。

裏返し

そして裏返してぱしゃり。
あれだけオレンジ色を主張していたミノさんが焼くとマイルドな色になったよ! ふしぎ! ……不思議なのか?
豚バラさんだけちょっと焼きが甘い気がするけど全種裏返しをさっさと撮りたいがために他のおにくに合わせたなんて言えない。

フリーダム……?

にんにくがどいてフリーダムの図……と、言いたい所ですがあんまりそう見えませんね。
いつものように5種、うちいくつかを2枚にして総勢8枚程度とやってたら食べるのが追いつかないからと、大き目の肉を残しておいて満を持して乗せて、でかおにく祭りじゃフハハハハハハな気持ちでいたんですが今見てみると……
フレッシュミートカーニバルは人をおかしくさせるというわけですね!!
でもこれだけは言える、右手前のカルビの脂身が異常。

ファイアアアアアア

七輪に炭入れて、というスタイルなせいか炭の盛られ具合によっては火勢がいまいち弱かったりします。
今回その例に当たったんで頼りない感じだったんですが、すさまじいカルビの脂身具合がやってくれました。
多分今回ないだろうなと思っていた炎上写真が撮れたぜヒャッハァ!!

炎上後

で、大体炎上を呑気に撮った後は3枚くらいが表面焦げおにくになるんですが、今回はこの程度で済みました。
奥隣が脂たっぷりの豚バラさんだった割に被害が殆どない。
カルビさんも見た目は悪くなったけど焦げてしまった味もそう強くなく、珍しく気にならない炎上後でした。

後半戦

後半戦。
ほたて磯バター焼きと丸ごと焼き海老。 ついでに前半のにんにくの残り。
ほたてバターには下にワカメが敷いてあります。

乗せ

そして乗せ。
海老の火の通ったタイミングがよくわからなかったんですが、全体的に白くなったらという程度で問題なく食べられました。
ほたてさんの方がもっとよくわからなかった。 にんにくごま油なら泡が出てぐつぐつしだすんですが、こっちは裏返したら湯気が立ち上る程度。
結局海老を3つ・4つで2度焼いた後に網から回収、流石に家でたまに出る離島在住の叔母さんとこから送られてくるとかなほたてさんとは違う気が……
海老の方はなかなか良い感じでした。 後半にもうちょっと食べるという役にはうってつけ……ではあるけど、うまいうまいとがっつく程好きなわけではないので、他にもっと惹かれるものがあればそっちかなぁ。
まびスレや東方緋想天・非想天則 攻略・雑談スレで食べ物画像を貼って、こんな時間に腹減るようなもん見せるなよゴラァ的な事を狙っている人を、後者において害悪勢と呼んでいるらしい。

みくしーの足跡時間的な意味で、うちの周りでここを見てそれに引っ掛かりそうなのはちらほら居る。

きのこ炒め物

新年早々、元旦……というか2日になった頃に作ったつまみ。
自前で年末年始休暇前に買ってきておいたしいたけとしめじに、冷蔵庫からネギとチャーシューを拝借してフライパンで炒め。
最後に小皿で醤油・料理酒・味覇を混ぜておいたのを上からどばん。

2日の祖父母宅での夕食で叔父さんに話したら結構凝ってんじゃねーかと言われたでござる。

まわるおすし

年末、母さんと某離島在住の従弟とでまわるおすしに行きました。
なんでもいいから食いたいものを言えとの母者に対して従弟は回転寿司と答えたらしい。
離島在住なわけだし魚なんて普段良いものを食べ飽きてるだろうにどういうことなの……

肉の脂と魚の脂って違うんでしょうかね。
一人焼肉でホルモンとか脂たっぷり肉食べてても、腹いっぱいになる方が先って感じなのに
まわるおすしでお魚食べてると腹いっぱいよりも先に脂で気持ち悪くなってくる。
一昨年の年末に父さんと来た時もそうだったんだよなぁ。 それともこの店の魚の問題だろうか。

ねぎ塩ハンバーグ

またデニーズ。 なんか母さんのお気に入りになったっぽいよ!?
10バーグシアターなどと掲げて10種類のハンバーグを推していた中からねぎ塩ハンバーグをチョイス。
名に違わずまさに「ねぎ塩」でした。 というか肉とねぎとを分量上手く食べてないと、肉だけじゃ味付けしてなくて頼りない、ねぎが多いと強烈にしょっぱいという状態。

こんにゃく以外のなにか

仲間内での忘年会にて。
最初に出てきたのがこれ。 こんにゃくと酢味噌かと思って食べたら違ったよ!?
多分寒天でした。 こんにゃく程ぷるぷるしてなくてちょっともっさりした食感。

回収

順番的には次の写真の後なんですがインパクトのある絵を後に出したいのでこっちを先に。
隣に座ってた友人が辛いのほぼ駄目な子なので唐辛子だけ回収して小皿にどけてたのをもらいました。
この程度なら大したことないのになんで正気の沙汰じゃないとまで言うのがちらほら居るんだろうと思ってしまうから僕はもう相当ズレているようです。

( ・∀・) < でかいな

というわけで忘年会のメインディッシュのもつ鍋。
斜め上からのアングルなので解りにくいかもしれませんが、高さが大分鍋からはみ出してます。
これがちゃんとおさまって煮えるのかと不安にもなったんですが、だんだん高さが減っていきました。
煮ると嵩が減るって事は実は野菜たっぷりだったんだろうか。


以下ハイパーラーメンタイム
黒とんこつラーメン

黒とんこつラーメン。
ともすれば食べ物に見えないかもしれないべっとりした黒いものは黒マー油ってやつでして。
にんにく風味が濃くのっかった素敵油。 混ぜて細かく散った様はちょっと綺麗だと思う僕は異端だろうか。
ここでも卓上の調味料が豊富だったり、麺を固さ指定して頼んだり替え玉頼めたりする所でした。
そのタイプのお店はすっかりご褒美と化しているんですが、立ち食い蕎麦屋さんのような店構えになっていたり、しきりがなくて隣の居酒屋との境界があいまいっぽかったりしてなんだかあまり落ち着かなかったのが難点。

豚骨ラーメン ねぎトッピング

塩豚骨ラーメン ねぎトッピング。
名称に「豚骨」はついておらず、ただの「らーめん」だった記憶が。
つい調子にのって大盛りで注文したら、当然っちゃ当然なんですが2玉ぶちこんでいる御主人の姿。
見ていて食べきれるのか不安になりながらもなんとか完食。
やけにお腹いっぱい感が凄かったけど、博多豚骨タイプみたいに細い麺じゃないからだろうか。

豚骨ラーメン

塩豚骨ラーメン。
ラーメン食べに行くようになって2軒目に行った所。
海岸なんとかという名の通りかつおぶしどっさりだったり岩海苔が入っていたり。
懲りずに、というかすっかり忘れてまた大盛りで頼んで、しかもキャベツ増量トッピングつき。
ただでさえここのラーメンはトッピング豊富に入れてくれるというのにキャベツ増量。
すいません調子こきすぎました。 帰って1時間くらいはお腹いっぱいすぎて生きているのが辛いレベルでした。

準備万端 

2009.12.29 19:29

準備万端

我が軍には6日の備えがある。
ボイルたこ

タイトルの通りなので冒頭だけおつまみ写真。
近所のスーパーが改装工事後まぐろぶつ切りと、奇をてらったような生鮮食品とか出さなくなりました。
くじらはよっぽど気が向いた時に買う程度だったし、ミミガーは結局1回しか見かけなかったから良いといえば良いものの、まぐろがなくなったのは痛い。
量が結構あるのに安く、何よりサイズが個人的につまみに丁度よかったのに!
近所の、小学校で最初の友達だった子の家の魚屋さんとか、地元商店街キラーのでかいスーパーとかだと高い上に(馴染みの小スーパーと比べて)量が少なく、そして一切れのサイズがでかい、と、なんというか扱い辛いんですよね。
というわけでいつものスーパーでほぼ毎日売られているタコを買いました。
小ぶりなのがボイル済みで丸ごと一匹。 わさび醤油でもりもりと。

三元豚なんちゃらのロースト

両親&祖父母と共に近所のデニーズへ。
なんでも母さんが友人から、デニーズ割とうまいよと話を聞かされたらしく。
というわけで僕は三元豚なんちゃらのローストとかそんなのを頼みました。

パネェ。

個人的にファミレスというと、安めの値段でそこそこ美味しいものが食べられる場所といったイメージがあったんですが
肉柔らかいよ、適度に脂のってるよ、普通に美味いよ。 もしかしたら脂は「適度」ってレベルじゃねーぞだったかもしれませんが。
ごはん・味噌汁・漬物つきの和風セットにして1000円ちょっと程度だったような。

サーロインステーキ

もういっぺんデニーズへ。
今度は両親とだけ。 母さんが仕事忙しくて夕飯用意出来ねーよコンチクショウだった時に。
サーロインステーキを頼みました。 にんにくは最初から乗っているものではなく、3種の中から選んで出してもらって自分でかけるタレににんにく醤油を選び、にんにくだけ取り出して乗せました。
下に玉葱スライスが敷いてあると見せかけて、手前に見えてる分で全部だったりします。 なんという地味な詐欺配置。
筋ばった所もなくすんなり食べられるおいしいおにくだった記憶が。

ゆず風味サラダ

セットでついてきたゆず風味のサラダ。 普通に頼むとステーキにごはんorパンに加えサラダつきのセットで1500円程の所をクリスマスフェアで1250円かそこらだったような。
こっちは特にうまいともまずいとも思わずごく普通に食べてました。
おにくスキーはこれだから困る(*‘ω‘ )=3


以下ラーメン
こってり豚骨

こってり豚骨。 多分違う名前だったと思います。 普通の豚骨よりももっとキツい豚骨ですよ的な名前がついていたような。
卓上に無料トッピングのにんにくやすりごま等があって味に変化をつけながら楽しめる一品。
そして替え玉100円。
比較するようでアレなんですが、初経験で衝撃を受けた博多ラーメンと同じ感覚で食べる事が出来ました。
あっちは普段降りない駅で下車しないと寄れないから、普通に出勤した日にやたらこってりした豚骨を食べたい(替え玉も頼みつつ)ならこの店かなぁ。

こがしネギ豚骨

博多ラーメンを謳った店で、焦がしネギ豚骨。
店で出る焦がしネギって凄いんですね。 自宅でちょっと焦がし風味ネギとかやっても苦さが目立つのに、物凄く自然な味になってるんですよ。
トッピングに高菜100円。 ネギ150円の時は多すぎてちょっと困りましたがこれくらいならちょこちょこ麺と一緒につまんでれば食べ終わる頃にはなくなってます。

極み塩ラーメン

極み塩ラーメン。 魚介出汁と鶏がら出汁だそうです。
魚介は口に含んだ瞬間一発で解るんですが、鶏がらがピンと来ない味音痴っぷり。
魚風味の後に追いかけてきた旨味と甘みの混じったようなあの味が鶏がらのものだったんだろうか。
この店はたまたま、家にあった地元の店舗紹介的な冊子にラーメン頼めば野菜餃子1人前無料とクーポンがついてたので来てみたんですよ。
餃子つけてもらうならビールも頼まねばなるまいって事で追加したんですが
ラーメン730円、ビール500円 見事に罠にかかってる気がします。

にんにくラーメン

多分地元で1、2を争う有名店(某グルメサイトのうちの地元にあるラーメン店を検索すると大概閲覧回数1~4位辺りをうろうろ)でにんにくラーメン。
豚骨こってりスープか塩あっさりスープのどちらかを選択するわけですが、もちろん前者にしました。
豚骨が全力で主張しつつも、他と比べて後味がやさしい感じという印象。
実はかなり前に両親と携帯電話新しくした帰りに1度寄った事のある店なんですが、その時は特に印象強かった事はなかったんですよね、何も覚えて無かったくらいですし。
そんな出来事があった割にやたら美味かった。 (まだ行ってない所めぐってブログの食ったもの記事にするのを優先するので)気が向いたらまた行きたいですね、えぇ。

一人焼肉 11回目 

2009.11.24 20:26

そろそろ店変えて牛角辺り行ってみようかとも思ったんですが、ホームページのメニュー写真から推察すると前半4皿+後半1、2皿が限界だろうと見立てたので結局いつもの店で。

一人焼肉 1 1 回 目

前半戦

左奥:ぼんじり
右奥:にんにくごま油
左真ん中:牛ホルモン
右真ん中:極上ハラミ
左手前:牛スジカルビ
右手前:豚タン

ここの所3回程、レギュラーメニューと別紙の一時取扱い一押しメニューがしょんぼりだったのですが、今回は面白いものもありました。
牛スジカルビと後半に頼んでる2品がそうです。
牛スジカルビがすさまじい事になってる件について。
・やたらでかい
・でかい割に5、6切れあった
・ほぼ脂身なんじゃないかってくらいとにかく白い
他の肉と一線を画す異様なでかさ。 それでいて5、6切れあって牛肉なのに290円
どういうことなの……
余談ですがメニューに「炎上注意」と添えられていました。 注文する段から色々楽しみってのも久々かもしれない。

全種乗せ

全種乗せてぱしゃり。
カルビが異様に大きい印象だったけど、ハラミもかなりサイズあったんだなぁ。
写真ですら解るカルビの脂の存在感。 パネェ。

裏返し

裏返してぱしゃり。
実際食ってる時はハラミの暗い茶色が他の肉と違う色合いで目にも美味しい感じでしたが、写真写り凄く悪い色なんですねこれ。
そんでもって今回何故か(?)七輪からの煙がひどかった。 携帯画面で確認してすら肉が煙のせいで白くぼやけてるのが丸解りで撮りなおしまくったのぜ。

バランス崩壊

カルビ・ハラミの枚数が他3種と比べて少ないので七輪上のバランス崩壊。
右上でホルモンが4枚というすさまじい事態に。
小さいのばかり取って焼いてる状態なんですが、ホルモンだけ妙に大きさのばらつきがでかいんですよねぇ。
サイズも分厚さもこの2倍は軽くありそうなのが小皿に控えてる件について。

ファイアアアアアアアア

カルビの炎上注意に加えてぼんじり・ホルモンと脂の落ちる肉があった割に遅かった炎上写真。
煙がよく出る=不完全燃焼してるのと関係あったのだろうか。

フリーダム七輪

にんにくがどいた後のフリーダム七輪タイム開始。
と、言ってもこの量置くと肉の管理と食べる速度の両立が出来ずに取り皿にたまる一方になるので写真撮ったらすぐ全種1枚と同じ程度のペースに戻していたりするんですけどね!
特にでかいカルビを後に残したせいか、撮ってる写真でのカルビの存在感が特別異様という程でもないっぽいなぁ。

ホルモンが大変な事に

掲載を避けるべきかとかなり迷った一枚。
右下のホルモンがグロ注意といわんばかりのこげべったりになってるゥゥゥゥゥ!!
これうっかりホルモン焦がしたってんじゃなく、網にくっついた焦げがホルモンに、って状況なんですよ。
普段は網に焦げべったりになってきてもこんなひどい事にはならないのになぜかと思えば、多分あれだ、小さいホルモンを取り損ねて七輪の中にダイブさせたからだ。
現にこの惨状を引き起こしていたのはこの後もホルモンを落としてしまった網右側でした。


牛スジカルビは値段と想像した嫌な背景の割に好印象でした。
でかくて脂たっぷりで食べ応えがある。 が、脂が異様に多いが故に一人だとちょっとキツい。
あとハラミに対して、嫌いじゃないけどこれを頼むなら他の、これよりも個人的に美味いと思うものを頼むという印象で避けてきていた記憶がありますが、今回のはむしろ美味しく頂けました。
「極上」とつくか否かで100円違った差が利いてるんだろうか。


後半戦

後半戦。 今回前半で重いもの(脂たっぷりのカルビ・ホルモン・ぼんじり)が多かったせいかあんまし入る気がしなかったので2種にとどめ。
マグロ漬けカルビとチーズフォンデュ(「チーズ」ではなく店名をメニュー名につけてました)
あからさまに奇をてらったメニューに期待と不安が入り交じり。
どうやったらこんな色になるんだってくらい茶色かったマグロ、ハラミ同様どころかもっと写真写り悪いですね。

マヨに見える

チーズを七輪上で温めつつ、具材も焼いてからチーズべっとりつけて頂きますというスタイル。
チーズがマヨネーズに見える件について。
うっかりマグロを乗せ忘れて撮ってますが細かい事ですとも。

結論を言うと両方とも期待外れでした。 特にマグロ。
多分どっちも嗅覚鈍化のせいでなんでしょうけども、いまいち風味がないというか。
マグロは焼くと刺身の時の主張の強さが薄まるとは普段酒のつまみでの刺身・食いきれない分を弁当に入れてあるソテーでの食べ比べで解ってましたが、それにしたって妙な程にマグロっぽさが弱すぎる。
なんか逆に長めに七輪に置いといた方がマグロ味が強かったような……?
チーズフォンデュも、あのチーズを口に含んだ時に鼻を抜けて行くチーズ臭がほぼ無い。
嗅覚碌に働いてないといえど、自宅で食うごく普通のスーパーで売られてる安いチーズはそこそこそれがあったような気がしたというのに。
味も匂いも薄いクリーム状の何かをまとわせて食べている、そんな印象。
生牡蠣

酒のつまみを求めて会社帰りに地元スーパーに寄ってみたら生食用牡蠣が特売品に出されていたのでついカッとなって購入。
294円だったかそこらでこの倍の量入ってました。 生用でそんな量1人で酒のつまみになんて出来んだろう(「消費期限」が買ってきたその日)と母さんの手により残る半分をじっちゃんに献上されました。
水気でひたひたになってるのは、たまたま母さんが小ぶりの国産レモンを買っていたので半分切って絞ったからです。

10/24のさぼてん

両親・祖父母とさぼてんへ。
来る度にこのテーブル所せましと並べられた定食っぽいメニューの皿達(右に、写真に収まりきらなかった赤だし味噌汁があります)にちょっとした感動を覚えてぱしゃりするんですが、こうして写真で見ると毎度毎度似通った茶色っぷりで別段面白くもないですかね。
今回はロースカツとチーズ挟んだカツにしました。

配達サンドイッチ1

ある日、とある事情により会社にて数人で配達のサンドイッチを頼みました。
1500円もしたのぜ。 びっくりお値段ですがそれに見合った内容ではあったと思います。
箱に入って届いたのを開けてみるとこの状態。 ポテトチップスの下にコールスローが入ってます。

配達サンドイッチ2

サンドイッチの高さがすさまじい件について。
これにかじりつくって大変じゃないかとか思っていたら、よく見れば2段重ねてあったというスットコなオチ。

配達サンドイッチ4

画像名が2から4に飛んでますね、はい。
3はでかいピクルスが挟まっててびっくりしたでござるの図だったんですが、食べかけ写真なので見苦しいかと思ってカットしました。
僕が注文したのはローストビーフのような肉が挟まったタイプのもの、思いきり肉らしさを主張していて大変美味しゅうございました。


天下一品に行ってからというもの、カップ麺に飽き足らず店のラーメンを食べ歩き始めたようです。
毎週金曜日はラーメンの日。 ただし今週は例外。
店舗名と、ボキャブラリーの少ない感想というスタイルで行こうかとも思いましたが、名前出すと地元がバレるので控えておく事にしました。 近くに住んでる=自分も今度食べに行ってみようかと触発されてくれるえりめ民もいないしな。
豚骨ラーメン1

豚骨ラーメン。
餃子とビールも頼んだんですが、ビールを頼むと写真右上の小鉢の細切れチャーシューがサービスでついてくるみたいでした。 スープ用のタレでも使っているのかしょっぱめの味つけでつまみにはぴったりの一品。
天下一品のスープの時も思った「甘みの混じった旨味」という印象を受けました。 あっちはコンポタと足して2で割った感じという個人的な印象もあった通り凄くジャンクで「豚骨ラーメン」と同列に扱っちゃいけない感じだったんですが、今回本当に店での「豚骨ラーメン」を口にして、なんというかまさしく、カップ麺で満足していた僕は井の中のケロちゃん蛙だった、とでも言わんばかりに味の深さに差がある感じで。

魚介ラーメン

魚介ラーメン。
しまった店名がちらりと見えてる。
トッピングで辛子高菜を追加注文+100円。
ごま油(ラー油?)で味をつけたタイプなので、高菜の周囲のスープにもごま油風味が移って元の味は違ってしまうながらもそれはそれで美味しい=壊しているわけではないという良い仕事っぷり。
と、偉そうにうんちく垂れてますがお品書きの受け売りです。 味変わっちゃうけどうまいよときっちり書いてありました(ボブ式超要約)

豚骨魚介ラーメン

豚骨魚介ラーメン。
スープすするとまず豚骨味が来て、その後鰹節とかそれっぽい魚介味がついてくる。
最初の豚骨味はきっちりしっかり豚骨してるので、敬遠してる人にお勧め出来るかといえばそんな事はなさそうな。 但し僕は嗅覚鈍化生活絶賛継続中なので、あの豚骨のやたら力強い臭さがあるかどうかは不明。 そこについては天下一品や、上で写真挙げてる豚骨ラーメンの店も同様です。
チャーシューが薄切り幅広タイプ。 箸でほろりと崩れるってレベルじゃない。 突き崩そうとせずともつまんで持ち上げたらそれだけで崩壊しかねない。 でもそれ故に口に入れた時の柔らかさは絶品です。
自宅でラーメン用やらチャーハン用やらに買ってくる肉屋さんのチャーシューとは大違いだ!

豚骨ラーメン2

ラスト、また豚骨ラーメン。
今度は店名ちらりどころかそれこそ正々堂々見えてしまってますね。
そもそもラーメン店に実際に足を運ぶのが初心者な僕なので、この店の博多ラーメンも初経験。
やばい博多ラーメン凄い。 カップ麺でも食べた事ある通りむっちゃ細い麺。
そして細いから時間をおくとすぐgdgdになってしまうという事なのか、すばやく平らげて替え玉注文を前提としているといわんばかりの麺の量(替え玉100円)
リアルボブお兄さんは小食で通ってるんですが、そんな僕が普通に替え玉頼んで食べきってお腹いっぱい満足になれるというくらいの量。 育ち盛りの男の子なんか3、4玉は軽いんじゃないかと。
替え玉前提だからかトッピング豊富。 定番の酢・胡椒に加え、無料で卓上についてるごま、容器にミルがついてて自分ですって入れる。 にんにく、1欠片ずつ小皿に入れてあるのを備え付けの金属器具で押しつぶしてラーメンに投下する。 替え玉投入しまくってスープの味が薄くなった時のためにラーメンダレ、醤油風味味。 あとゆかりもありましたがこれは多分ご飯用ですよね。
右の青ネギは有料トッピング150円。 どんぶりにぶちまけたら間違いなく一面ネギの海になる量がもっさり出てきました。 これ2、3人で分け合って使って丁度良いんじゃないかな。
豚骨好きな事に加え、替え玉頼んで大食い気分も味わえるとあってこれまでに行った5軒で1番気に入りました。
問題は普段電車降りる駅じゃないからちょいと特殊な場面でしか利用できないってこった!
ついついめんどくさくて携帯の中で眠っていた食べ物画像。
ようやく重い腰を上げてブログ更新に使う事に。

豚肉の炒め物

両親と夕飯外食、普段行かない中華屋にて。
豚肉の炒め物といった感じのネーミングの料理。
そして赤緑のピーマン・鷹の爪が入っているという見た目通りの味。
中華らしく油きつめとなっております。 両親があんまり食わなかったんで、僕のメインディッシュが後述の内容とあってお百姓さんごめんなさいする羽目になりました。

餃子

1日10食限定餃子。
市販されてる餃子の皮で普通に作ったサイズの2倍くらいあるんじゃね? といったでかさ。
別段具材に特別な何かを使っている様子もなく、なんで数量限定なのかが解らなかったというスットコなオチ。

排骨麺もやし大盛り

そしてこれがこの時僕の頼んだラーメン。
排骨麺もやし大盛りなんちゃら的なネーミングの一品にございます。
「排骨」という名にあたる部分なのか、カレー味をつけて揚げた(というより正確にはたっぷりの油で揚げるように焼いた?)豚肉がどっさり。
昔秋葉原で排骨麺食べた事あるけど、カレー味豚肉なんだったっけ? とか疑問に思いながらすすりました。
もやしとアクセントの辛味噌うめぇ。 豚肉もうめぇ。
そう思っていられるのも最初のうちだけでした。
うん、揚げてるから油きっついんだこれ。 おまけに上の豚肉炒め物両親食わないから僕が主に食べる事になって、こっちを食べても油あっちを食べても油と逃げ道のない状態に。
自分のメインに頼んだものだからとこっち食べるの優先した結果、炒め物はごめんなさいでした。

ネギチャーシューラーメン

上のは8月頃、これは最近、母さんが仕事で遅いか何かで父さんと2人で同じ店へ行った時の写真。
今度はネギチャーシューラーメンを頼みました。
父さんがビール1本頼むというのでつまみに何かとチョイスした豚肉がカレー味揚げでした。
なんたる非道……というかメニューにカレー味って書いてあった気がします。
ラーメンの方はチャーシュー大盤振る舞いの5枚。 脂身たっぷりなのでまたも油との戦いでした。

ローストビーフ

おつまみ画像。
夕飯の残りのローストビーフで焼酎水割りを。
折角だから写真撮っておこうと思ったのにすっかり忘れて何枚か食べた後だなんて言えない。

うなぎ肝

おつまみ画像。
うなぎの肝。 焼き鳥のように見えるなぁ。
うなぎの肝は食べた事がなく、どんなものかとわくわくしてたんですが、鳥レバーと大差ないと思いました。
そういやそうだな、「肝」なんだし。

ささみ

おつまみ画像。
10、11日とささみ食ってました。 冷蔵庫に拝借出来るものがなかった気がしたので近くのスーパー行ったらグラム50円で特売の日だったのでつい。
切って水にさらした玉ねぎを下に敷き、レンジでチンして熱を通したささみを手で裂いてぼてりぼてりと置いて、醤油・ポン酢を1:1程度小皿にそそいだ上に生姜・にんにくのすりおろし落して箸で混ぜてからささみの上にだばぁ。
にんにくを1片使ったので多すぎた模様。 先に寝てた両親が臭くて目を覚ましたと後で言ってたのぜ。

串揚げ

10日の夜に外食。
最近出来たらしい串揚げをメインに掲げたお店にて。
嘘みたいだろ……? 牛・豚が1本100円でささみが1本150円だったんだぜ……?
因みにこれは右上から時計周りに
玉ねぎ1本
小えび2本
牛肉4本
アスパラ2本
牛で1本100円とか商売になるのかとこっちが不安になったんですが、ご覧の通り小ぢんまりとしている上にどこの部位だこれってくらい噛んでも噛んでも飲み込み時の解らない、父さんの大嫌いなタイプの肉でした。

他にもタコ焼きやお好み焼きなど、B級な品々を取り扱っていました。 多分父さん的にはもう来たくないレベルだったんじゃなかろうか。

天下一品こってりラーメン

休日に朝食を摂りながら2ちゃんねるレシピ板・料理板を眺める中で、天下一品のスープを再現しようとしているスレがありました。 ちょっと気になる程度だったんですが、最近会社で昼休みに見てるデイリーポータルのリンクで天下一品のホームページへのリンクを掲載していた事がありまして。
2ちゃんねるの書き込み(多分スープ再現とは別のスレ)曰く「泥水をすすっているようだ」「まずいのにしばらくするとまた食べたくなる」
と、酷評な割にスープを再現しようとする猛者もいるもの、ホームページも見てしまったら一体どんな味なのか気になったのでついカッとなって9日に行ってきました。
噂に違わぬどろり濃厚スープ。 れんげですくって垂らしたら ぼてっ と落ちそうなくらい。
個人的には とんこつとコーンポタージュを足して2で割ったような味で、割と美味い でした。
しばらくするとまた食べたくなるという気持ちが食ってる時点で共感できた。 多分、マクドナルドに対するそれと近いものだと思います。 味の虜になったわけじゃないけどなんか食いたくなるジャンクフード的なポジション。

中華屋といえば

中華屋といえば餃子でビール。 やるしかあるまい。
というわけでラーメンと餃子のセット(正しくは餃子定食(?)ご飯抜き)にグラスビールを添えて。
ラーメンが意外と量少なかった(余談ですが天下一品ホームページによると、それでもカロリー900の脂質44グラム程)んですが、餃子&ビールもつけたおかげで腹一杯になりましたとさ。
確かこれでセット・ビール合わせて1110円でした。

一人焼肉 10回目 

2009.09.25 20:27

ついに傍から見たら寂しすぎる行為も二桁の大台(?)に乗りました

一人焼肉 1 0 回 目

前半戦

左奥:にんにくごま油
右奥:牛ミノ
左真ん中:豚トロ
右真ん中:豚タン
左手前:アカセンマイ
右手前:カルビ

今回は……というか前回もその傾向があった気がしますが
いつも扱ってるメニュー冊子とは別の期間限定(?)1枚刷りの一押し品に何か漬物やらサンチュやら野菜が推されてたり、付け合わせ用コラーゲンやらが載ってたり、変わり種なおにくの紹介が少なくなってました。
7回目か8回目の時は全面カルビ一色だったくせに何なんだよぅえぐえぐひっく。
そんな中に書かれていたアカセンマイをチョイス。 ギァラを分厚く切ったものとか書いてあったかな?
今回のカルビは霜降りだのヘルシーだの頭についていないごく普通のカルビです。 外国産の牛らしい(これとは別に値の張る「国産カルビ」がある 因みに普通のカルビ290円、国産カルビ490円)

全種乗せ

ハイパーフレッシュミートカーニバル開始。
今回は牛ミノだけが他より厚いので他の肉とペース変えなきゃいけないかなと思っていたらミノは量が少なかったので他と同じペースでも大丈夫でした。
アカセンマイも薄い肉と思ってたら中には分厚いのもありましたとさ。

裏返し

裏返してぱしゃり。
脂の多い豚トロさんが焦げる事はありえるだろうと思っていたらまさかのカルビ焦げ。
アカセンマイが異形の物体となっている件について。
うちの父さんなんかこれ見た時点でドン引きだろうなぁ。

ファイアアアアアアア

ハイパー炎上タイム開始。
意外にも(?)豚トロ中心ではなくカルビさんが火元でした。
カルビはちょっとくらいなら炎上した中にあっても大丈夫なんですが、豚トロさんはすぐ焦げるんですよね。

フリーダム七輪

にんにくに火が通ってアルミ皿をどけたらこれをやらねばなるまい。
乗せる肉の量を増やしてのフリーダム七輪っぷり。
と、言っても5種1枚ずつにカルビを1枚、豚タンを2枚プラスしただけなんですけどね。
とはいえ見渡す限りのおにくっぷりは正に圧巻でしょう、えぇ。

例によって例の如くこれやると食べるペースが追い付かないわけですが。

5種集めてみた

5種残り1枚になった所で全部を1つの皿に乗せてみた。
上から時計回りに豚トロ・カルビ・アカセンマイ・牛ミノ、中心に豚タン。
アカセンマイの存在感が異常な件について。
このでかさで噛んでも噛み切れず口の中で小さくなってくれないって事があるから、飲み込むのに勢いが必要って事が2回ありました。

後半戦

後半戦。
網焼きステーキとコーンバター焼きと海鮮ニラチヂミ。 ついでに前半のにんにくの残り。 実はにんにく結構焦げてます。
ステーキはともかくとしてコーンとチヂミは頼んだ事のないものとして選びました。
ステーキとチヂミは冷凍保存されてたっぽい。

乗せてみた

いつものようにちょっとさみしい後半の七輪上。
網焼きステーキは3切れ乗せてるように見えますが2切れです。 長めの部分が真っ二つになった。
何故かチヂミから油がしたたり落ちる。 一度たっぷりの油で火を通したのを冷凍保存してでもいたという事なんだろうか。

今回は後半に肉2種頼もうかなという気でいたんですが、頼まなくて正解でした。
腹一杯でちょっと食べきるのがキツかったなんて言えない。
俺用メモ:PR-S300SEでサーバー側になるにはポート設定でTCPとUDP両方にしておく。

一人焼肉 9回目 

2009.07.27 20:38

いつもは大体1ヶ月過ぎた頃から指折り数えんばかりに次の決行日を楽しみにしだす勢いだったりもするんですが、今回は珍しく、 あれ? もうそんな時期? という感じでした。
というわけで実はもう10日も前なんですが先々週金曜日に行ってきました。

一人焼肉  9 回 目

前半戦

左奥:にんにくごま油
右奥:牛ハチノス(胃の一つだそうです)
左真ん中:豚タン
右真ん中:鶏モモ
左手前:霜降りカルビ
右手前:ぼんじり
ハチノスが暗くてよくわからなくなってしまってますが、後でがっつり七輪に乗ってる写真があるので問題なしでしょう、うん。
今回は何頼むか長考した挙句、店員さんに注文する段になって決めたメニューが霧散していくという暴挙だったので、うっかりぼんじりが前回から続投となりました。
カルビ(或いはそれっぽい肉)と豚タンを毎回頼むのがマイジャスティス。
鶏モモが5切れくらいしかない件について。 安いんですけどね。 290円。

全種乗せ

ハイパーフレッシュミートカーニバル開始。
今回は一言添えずとも見た目だけでどれが何か解りそうですね。
ハチノス、写真だとちょっとはっきりしてないのを網に乗せてるっぽいんですが、名前の通りあたかもハチの巣みたいな見た目してるんですよ。 すごいな牛さんの胃。

裏返し

全種裏返し、こうして改めて見ると鶏モモがなんか生っぽく見える!
特に分厚いので当然ながら焼けるのにも時間がかかりました。
というわけで今回の新顔、鶏モモと牛ハチノスについて。
鶏さんは物凄く安牌って感じでした。 (飛びぬけてではないけど)美味い、そして他の肉と比べてでかい。
ハチノスさんはちょっと残念。 味がなくて食感を楽しむタイプのようだったんですけども、こりこり感があんまり強くない。 「ホルモン」と冠してメニューに載ってる部位と違って脂がないのでもふもふ(パサパサともちょっと違う?)っぷりが凄い。 そしてでかい。
まぁ、たまに家で、母さんが買ってきたフライドチキン食べる時に軟骨の部分をそれはもう両親に聞こえるくらいにぼりぼり言わせてるくらいの歯ごたえが大好物っていうくらいの僕なので、一般的には十分なレベルなのかもしれません。

網が広いぜイェフー

にんにくに火が通ったので網の上はフリーダムに。
全種2枚乗せだぜヒャッハァ!! ……と、言いたい所なんですが数の少ない鶏モモさんだけはお休みのターン。

父さんにこの写真見せたら「俺が食えるのこれだけだな」とカルビを指差した件について。

豚タンとぼんじりだけ

んで今回も前半終了に向けての調整のために枚数の多い肉の独壇場となる網の上。
具体的に言うと豚タンとぼんじり。 こんな枚数多く出すくらいなら以前みたく分厚く切ってくれればいいのに豚タン。
薄くして枚数稼いでる豚タンはともかく、小ぶりとはいえ丸っこい塊でこんだけの量が出てくるぼんじりって一体何なんだとwikipediってみた。

wikipedia -焼肉項

鶏の尾だそうです。 こんな大量に290円で提供出来る程取れるものなのだろうか。

ちょっと炎上

全種3枚残るようにした所で前半の締め開始。
ぼんじりがあるのに炎上しないなぁと思ったら燃えだしたので物凄い勢いでぱしゃり。
流石「霜降り」カルビさんだ、七輪が炎をあげる程に脂ぽたぽたか。

後半戦

後半戦。
厚切りベーコンと玉ねぎとじゃがバター。 おまけに前半のにんにくの残り。
じゃがバターも前回に引き続いての登場だったりする。 きのこ盛り合わせと迷ったけどじゃがに軍配が……

なにこれあつい

「厚切り」ベーコンマジパネェ。
なにこれあつい。 一体! ムオヤアアアアア!!('(‘ω‘*∩ ‘ヽーっ
同じ「厚切り」でもステーキさんの方はこうはいかないよ!?
随分思い切ったサイズにしてあるもんだ、ベーコンってそんな安いんでしたっけ?

見た目すっきり

ベーコン・玉ねぎ・じゃがバターの乗った網の上。
とてもすっきりな見た目となっております。
アルミホイルの包み焼きだった時の玉ねぎさんは後半に頼んだ肉食べきるくらいまで網の上に置いておかないと火が通りきってなかったくらいだったと記憶してるんですが、今回の玉ねぎさんはベーコンが焼けて少ししたら取るくらいで普通に食べられました。

とりあえず小皿に乗せてみた

にんにくと併せて全種小皿に乗せてみた。
ジャーマンポテト玉ねぎ追加にんにく風味? とか思いながら食べてたのは秘密。
因みにベーコンさんも安牌って感じでした。 好物なのでご褒美だった鶏モモに対してこちらはごく普通のありふれたベーコン過ぎて、「美味いんだけど店で頼もうって程じゃない」といった感じ。

これに前半モスコミュール、後半ジントニック、タレ代わりに使ったレモン二切れ50円、後半開始前に網交換50円、最後にバニラアイスでしめて3580円でしたとさ。

久々におつまみ画像 

2009.06.30 20:35

まぐろ祭り

3月の写真ですが細かい事ですとも。
というわけでまぐろ、ぶつぎりでなく大きな1枚。 なんと頼もしい絵面か。

まぐろ……祭り……?

ところが2日に分けて食べるように半分に切り、更に四半分に切ってみるとなんというか、とても普通なサイズになりました。
これならタッパーにたっぷり入ったぶつぎり買ってきた方がお得じゃないですか!!
しょうゆをちょろりと回しかけしていただきます。

ミミガー

見る人によってはグロいと評するかもしれないミミガー。 豚の耳です。
入社間もなくで行った飲み会で初めて食べて、後に……というかここ1年くらいだったはずだから結構近い時期に、コンビニのおつまみコーナーにミミガージャーキーなるものを見つけてしばらく買い続けたけど無くなって、久々のミミガーです。
やー、銀ちゃんとの珍味談義で話題に挙がってから久々に食べたかったんだー。

皿に盛りミミガー

皿に盛り。 もともと中華風の味付けがしてあるようなのでそのまま頂きます。
味付けはごま油風味のちょっと酸っぱめな定番の「中華風」
ミミガー自体に味は殆ど無い感じで、こりこり感を楽しみます。

謎肉

まな板にどばんと乗せた豪快なお肉。
これ何だか解りますか?

くじら刺身用

A.くじら刺身用。
自転車の前かごに横にして入れてしまっていたせいで寄っているしょんぼり絵。
半年弱、スーパーでおつまみ買っていて鮮魚コーナーも見るようになったのはここ3ヶ月程ですが、3回くらいしか売られてるとこみた事ありません
レアモンスターですね。

生姜醤油で

醤油に、タッパーに同梱されていた生姜を添えて頂きます。
まぐろ刺身の歯ごたえが増した感じの食感で、やや筋ばってるかなといった印象。
嗅覚がアレなんではっきりとはわからないんですが、牛・豚・鶏、ポピュラーな肉達を口に含んだそれとは明らかに違う風味が鼻だか上あご辺りだかに伝わります。
多分人によって好みが分かれるタイプだな。

と、思ってたら後に父さん用にとくじら刺身用見かけた時に買ってきて、夕飯に出てきて両親も食べたんですが、両親そろってクセが強いとは感じなかったようです。

謎白身

謎の白い物体。 酢味噌を添えて。
これ何だか解りますか?

さらしくじら

A.さらしくじら
初めて見るものでしたが、刺身用くじらが結構おいしかったし逃したらしばらく見かけないだろうってこって買ってみました。
父さんが「ああ、これか」って反応してたので、給食にくじら竜田揚げが出た事のある世代にはなじみのあるものなのでしょうか。

で、これが最悪でした
凄く悪い言い方すると 夏場の濁って生臭くなった池の水で作ったシャーベット?
うん、なんか味がなくて生臭い印象。 んでもって食感はしゃりしゃり。
酢味噌たっぷりつけてごまかそうとしても酢味噌の味が消えると襲いかかる生臭さ、くじらさんごめんなさいしてしまいました。
本当に「食えない」程のものに出会ったのは久々かもしれません。

wikipedia -鯨肉項 ~鯨肉の名称

どうやら上の刺身用が「アカニク」 背や腹などの脂肪の少ない部位
このさらしくじらは「尾羽」 尾びれを湯がいて冷水でさらしたものだそうですね
全く別の部分だったわけか、まぁ、見た目が違いすぎるしなぁ。

就寝直前の怪音 

2009.06.23 20:47

昨晩、そろそろ寝ようかとね、パソコン電源落として一服したんですよ。
そしたらね、なんか下から キュゥゥゥゥゥゥ って感じの音がするんですよ。

我が家では台所の横のガスコンロの上に換気扇がありまして、そこで煙草を吸うわけなんですよ。
で、この位置で下から聞こえる何かの漏れるような甲高い音。
まさかガス漏れ!? とりあえずコンロのガス調節つまみは確かに「止」に戻してある。
下の戸棚を開けてみるものの音の出どころは棚の中じゃない気がする。
というわけでガス漏れの線は無い気もしたんですが、万一やっぱりガス漏れでしたなんだったら、法っておけば朝母さんが朝食の用意を始めようとした時に大惨事スーパーロボット大戦が巻き起こるわけで。
というわけで爆睡中の両親を起こ……そうと思ったものの父さんはものすげー気持ち良さそうに寝てたのでほっといて母さんを呼びまして。
現場に舞い戻り、僕が寝に行くと思って2階についてきたぬこが追いかけてきて手持無沙汰そうにうろうろする中、調査再開。
しかし母さんは妙な音など聞こえないと言うんですよこれが。 結局僕が音の発信源を探る事に。
戸棚がパッと見原因がそこになさそうだったので、燃えないゴミの日待ちのややカオス気味なゴミ袋を漁り。
スプレーでも捨てたかどうかを母さんに訊きつつ袋を漁ると確かに出てきた何か(失念)のスプレー。
しかし耳を寄せても音はここから出ているわけではなく。
更にライターを2個発掘。 残ったガスが出ているかと思えばやはり犯人はコイツでもなく。
じゃあ更に奥に入っていた電池? 音に近づいた気がするけど取り出して耳に寄せても異常なし。
と、この辺で萌えない げふん! 燃えないゴミ袋は底までさらった感じで。
母さんがここでトイレへと。
どうもゴミ袋の中ではなさそうだ、とりあえず取り出したゴミを戻して……
眼前にある家が建ってからほぼ開けた事のない勝手口の扉の隙間風……? というわけでもないようだ。
っていうか下から聞こえるんだもんな、ドアからならもうちょっと広く聞こえてくる感じだろうし……下?
残るは資源ゴミの日待ちの空きペットボトルしか……

音の出どころはお茶のペットボトルでした

なんだこれ。 こんなのあり得るのか。
水切りが不十分だったらしくほんの僅かにペットボトルに水が残っている。
それが蒸発して蓋との隙間から漏れだして音を鳴らしていた……? 状況からするとそんな所でしょうけど、なんだこの不思議現象。 お兄さん初めての経験ですよ。
妙な音なんか聞こえないと言っていた母さんも、ペットボトルを耳元に持って行くと聞こえたようでした。
「凄い耳してるねぇ」なんて言われたぜヒィヤッハァ。

で、なんで僕に聞こえて母さんに聞こえなかったかって、一時期ネットだかニュースだかで話題になった、若い者には聞こえるけど年取ると聞こえなくなるって音。 あれみたいな周波数にでもなってたんじゃないかなと予想してたんですが、それなら耳元に持ってったって聞こえないはずですよねぇ。
最近両親がテレビ見てる音量がやけにでかいんですよ。 テレビの音のせいでセブンスドラゴンってる音聞こえないじゃないかとDSの音量上げて、うっかりそのまま平日朝駅のホームでテイルズオブハーツしたら音のでかさにびっくりしたくらい。
家の中で適量とした音量が明らかにうるさい駅ホームの喧噪の中でびっくりするほどに聞こえるってどないやねんと。
もしかしたら単純に母さんの耳が遠くなってるのかも……

しかしそうだとしたら会社に居る時以外は常にイヤホンしてるような僕の方が耳が良いってどうなんだ。
まだ50半ばの母さん、耳が遠くなるって年でもないだろうに……
東方同人グッズ

ついカッとなってポチった。 腋ならなんでもよかったというわけではないが、反省もまたあまりしていない。

追記
でっかい方の腋ストラップ、取り付けようとしたら紐の黒い部分がはがれて中のテグスがむき出しになった件について
っていうかストラップの紐って中にテグスを使ってるものだったのか、知らなかった。
急遽取り外し、更に以前ビーズ細工ストラップ用の買っておいた輪っか状金具と紐から金具を取ってちびれいむの方にくくりつけて無理矢理一緒にしました。
そのせいでかなりの率でちびれいむが隠れるようになったっぽいけど、結構すぐはがれるんだね、仕方ないね。

一人焼肉 8回目 

2009.05.25 20:34

今週末に行く気満々だったんですが、飲み会の誘いが入ってしまったので急遽1週早めて行ってまいりました。

一人焼肉 8 回 目

前半戦


前半戦
左奥:豚足
右奥:にんにくごま油
左真ん中:エンガワカルビ
右真ん中:豚タン
左手前:牛マルチョウ
右手前:ぼんじり
に、加えてモスコミュールと肉をつけるタレ用にレモン2切れ50円

先日らすてい繋がりで東方緋想天対戦した銀ちゃん(まび的には夜雀の歌さん)と、対戦の合間に晩酌の準備と鶏軟骨焼いて用意してきたら珍味談義に発展して、その中で「豚足は食った事あるけど軟骨は食わないなぁ」みたいな事を銀ちゃんが言っていた記憶があったので、その時から注文すると決めてました、豚足。
前々からメニューにあるの見て気になってはいたけど注文する勇気がなかったなんて言えない。
エンガワカルビはレギュラーメニューと別に用意された両面刷りの一押し品的メニューに記載されていたので注文、なんか片面が2ヶ月前と全く同じ内容でした。 以前は来る度に内容が変わっていたような……?
変わっていたもう片面に載っていた牛マルチョウも注文。 てっきりホルモンみたいに平べったい形状で出てくるのかと思ったら、輪切りにした魚肉ソーセージのような形でした。
それと前回頼んだら切らしてますと言われたのはぼんじりでした。

全種乗せ

一通り乗せてぱしゃり。
真ん中右の2つが解りにくいですが、左がマルチョウ、右がぼんじり。
豚足の存在感が凄まじい件について。 でけぇ。
豚足食うのは初めてのボブお兄さん。 どんな味なのか、食感なのか、楽しみ半分不安半分。

炎上

今回の炎上写真としてキープしておいた1枚。
やや控え目になってしまっているような……因みにこれ全種おいてすぐ。
フレッシュミートカーニバル開催直後の出来事にございます。
マルチョウとぼんじり、脂豊富なおにくを並べておいたせいか。

裏返し

片面焼けた後のをぱしゃり。
豚足を転がすタイミングがよくわからない件について。
他のおにくと比べると何か間違ってるんじゃないかくらいの厚さを誇るわけだからじっくり火を通さないとやばそうな気がするけどどれくらい置いておけばいいのか解らない。
焦げ目ついてるからこれくらいでいいかなとアバウトな判断で。

豚足焼き前と後

豚足焼き前と後、こうして見比べるとこれくらい焼いてればいいんじゃないかなと思えたりなんかしちゃったり。
小皿は一緒に出てきた酢味噌。
というわけで他の肉の焼け具合・取り皿の残り具合と調整しつつ食べてたんですが
・ごっつい見た目に反して(?)ほとんど骨
・なんかもふりとした食感
・脂多めっぽいんですが、マルチョウ・ぼんじりの甘みの混じったような美味しい脂と違って、くどいだけという感じの脂
・これ自体に味は殆どなし
と、羅列して見るとボロクソな状況でした。
1切れ(と、言っていいのだろうか)を一気に食ってやろうなんて出来ない、酢味噌つけないと味が淡泊な中にくどい脂がキツくて無理。
肉のバリエーションとして少し食べるにはありだけど、1人で来て3切れ独占を進んでやろうって程じゃない、というのが結論でした。

後半戦

後半戦
テーブル横に日頃のご愛顧に感謝して290円とでかでか貼られてた牛リブロース
ほぼお約束な白ネギ焼き。
ホイル焼きものからじゃがバター。
あとジントニックと網交換50円
290円広告のリブロース写真からはそこそこ分厚い、1cm弱くらいはあるのかなと思ってたら2、3mmくらい? って程の薄さでちょっとめげそうでした。

一通り乗せ

一通り乗せてぱしゃり。
うん、薄いって馬鹿にしたけどリブロースさんすげぇ。
箸でつまみあげようとするとちょこっと触れただけで、まるで水を含ませたスポンジみたいに赤い肉汁(?)がじわーっと出てくる。
それが肉の良し悪しとしてどっちなのかは解らないという駄目駄目っぷりですが、なんだか見ていて感心した。
で、形からしてもう胡散臭い白ネギ。 これが最悪でした。
焼いてる最中は薄いから火の通りも良さそうだと好意的に解釈してたんですが、実際焼けて口に含んでみるとまるで乾いたスポンジを口に含んだみたいにもふっとしてるの。
何これ? ほんとにネギ? どうしたらこんな事になるんだ。

じゃがバターさん

前回頼んだ時は火が通った所を撮らなかったじゃがバターさんを撮ってみた。
ホクホクでうめぇ。 こってりバターなのにくどいと感じないのは何故だろう。
この溶けて溜まったバターにネギつけて食べてみたけどもふり感はごまかせず。

この後バニラアイスを頼んで締めて3675円。
腹一杯食ったからか帰ってしばらく眠くて仕方なかったぜ!!

久々家族焼肉 

2009.05.07 20:31

当初は、2度行ってるステーキ屋さんでフレッシュミィィィィィィトゥしようという話だったんですが、ちょくちょくポストに投げ込まれてる期間限定半額チケットが今はない上、母さんが店前まで行ってGWだから半額セールみたいにやってないかと確認してきたんですがそんな事もなく。
なので近くの焼肉屋さんに行く事になりました。 2日・土曜日にもりもり食ってきましたよっと。

カルビ4人前

カルビ4人前。
4人前とあって他の皿より一回り(?)でかい圧巻の光景。
いつものように、と言いますか、両親が食べる肉はこれだけ。
僕も幾分かもらうので両親で分け合って2人前ずつって話じゃなかったりします。

タン塩と角切りハラミ

というわけで以下は僕用に1人前ずつ。
タン塩と角切りハラミ。
分厚いだけあってか小さめカットなハラミさんが凄く頼りなく見える。
実際食べてみると個人的にはこのサイズでも十分満足感がありました。
逆に言うと終盤お腹いっぱいになってくると強敵でした。

ホルモンミックス

ホルモンミックス。
この間牛ミノ頼む気でいたらうっかりホルモン頼んで、しかもミノ食うつもりだったのを忘れてホルモンで満足してた、というのを思い出して今回はミノ頼む気満々だったのですが、壁に貼られているメニュー外の品達から母さんがこれを見つけまして。
レバーとホルモンと牛ミノとハツ、だったかな?
結局どれが牛ミノでどれがハツだったか解らなかったなんて言えない。 レバーは味以前に見た目の時点で特定可能、ホルモンは焼きだせば見なれたフォルムから特定可能だったんですけどねぇ(=゚ω゚)

豚トロ

豚トロ。
このお店ではもうお約束っぽく。 うん、いつぞやちょろっと漏らしたようにこの店種類少ないんだ。
まだ頼んだ事ないおにくもあるんですが、概ね1000円に届きそうな3桁という値段設定な中、1800円とかやたら強気設定なので手が出ず。

にんにく焼き

お約束のにんにく焼き。
うっかり焦げた感じですが、食べてみた所苦くはなく。
いつもはこんな量食べ過ぎだ、と、両親も結構つまんでいくんですが、今回何故か殆ど僕が食べてました。

焼き焼き中

最後ににんにく焼きがどいた後の網の上を1枚。
左にどばんと置いてあるねぎは各肉皿に1つずつついてくるおまけ的なものを焼いてたんですが、うっかり長く置きすぎてべったり真っ黒になった1本・うっかり存在を忘れてて火を落とした後も肉皿に残りっぱなしだった1本以外結局僕が全部食べてたような気がする。

いつも通りに注文した、という印象だったんですが、何故か終盤お腹いっぱいになりだした頃から脂のキツい肉への辟易さが強く表れました。
普段ならお腹いっぱいだから詰め込むのが辛い、って感じな所が 脂が胃辺りに嫌な感じで効いてる気がする と。
そのせいか――
3日:風邪ひいたか何かしたみたいに体が痛い
4日:断続的に腹痛が続き、時間のかかる方の用事でトイレに行くとゆるいのが出る(そんな状態で両親祖父母と共に外食で中華)
5日:4日と同様(そんな状態で古くからのネット仲間と集まって飲み会)
6日:ついに完全にくだったらしい、但し 便所の友達 HYN という程ひどくはなく。
という状態でした。 焼肉のせいというよりは焼肉で弱った所に1日おいての中華・飲み会コンボでくたばったんでしょうけど。
6日の朝・夜、今日朝・昼・夜とどこぞのメーカーの置き薬(薬の一杯入った引出式の箱を置いていって、しばらくしてまた来た時に内容を確認して減ってる分だけ金額を請求していくシステム)から9包900円・1回1包30粒なおなかの薬飲んでるんですが、飲む度に症状が軽くなっていく感じ、あれ? この薬こんなに効果てきめんだったっけ……?

あ、それと、余談ですが うちの会社で社員全員に臨時ボーナスが出た事もあって、僕のおごりだという話をすっかり忘れてました。 
諭吉さんが1人飛んでいったのぜ。 これなら半額じゃないステーキ屋さん行った方が安かったんじゃないかってスットコなオチ。
CDとバッグ

はい秋葉原で買ってきましたCD3枚。
真ん中が以前例大祭にCD出すよと記事に書いた友人にょり様と愉快な仲間達によるCDです。
男性ボーカルCDだよ! 個人的に2、4、8トラックがお気に入り( \*‘ω')>
コミックZIN、とらのあな、ホワイトキャンパス、メロンブックスで絶賛委託販売中(まだ開始してない所もある?)
両サイドはせっかく店に来たのだからとついでに買ったもの。 左はネイティブさんが入ってたから、右はニコニコでサンプル曲動画を見た事があって、ロックマン風味の東方とかなんというご褒美だったから。
そんでもって上のがぷらのむーさんが例大祭で売ってたというバッグ。 みくしー日記で書いてたの見て「こんなに可愛いならゲットしに行けばよかった」と言ったら送ってくれたよ! 勿論お代は払いました。
可愛いからと物凄い勢いで欲しがり、送ってもらったはいいが、考えてみると可愛すぎて おとこのこ が そと で つかうもの じゃないよなと気付き。
ラックに引っかけておいてゲーム入れにでもしようと思います、はい。

例大祭宣伝記事当時、まだ宣伝ページの出来てなかった友人CDもう一つ
方楽纂解 -蓮境異聞-
(スクウェアゲーの音楽+東方音楽)/2 なCDだよ!
あきばお~、とらのあなで絶賛委託販売中!!

一人焼肉 7回目 

2009.03.24 20:36

「一人焼肉」をキーワードに検索してうちのブログに迷い込んだ人がほぼ居ないのがちょっと不思議。
先週木曜日にこっそり行ってきました。 一 人 焼 肉  7 回 目

前半戦

前半戦
左奥:ロース
右奥:にんにくごま油
左真ん中:砂肝
右真ん中:シマチョウ
左手前:ヘルシーカルビ
右手前:豚タン

今回は珍しく僕が行った、開店間もない時間で既に混雑してまして。
広めの席が空いててそこに通されたんですが、卓上が暗くて写真もちょっとしょんぼりになってしまいました。
正規のメニューでなく、期間限定っぽい両面刷り1枚にアピールされた肉からヘルシーカルビをチョイス。
なんでもホタテ貝柱のような食感が売りだそうです。
その両面刷り1枚の中で提示されてた肉が全部カルビだった件について
ロースが円高のため還元とかなんとか書かれてて普段290円の所が250円になってました。
砂肝でなく他に何か頼もうとしたら今日は切らしてますって言われたんだよなぁ、何だったっけか……砂肝枠だから何かちょっと変わった肉だったはずだけど。

全種乗せ

全種乗せ。
概ね見たまんまな肉っぷりですが、ちょっと解りにくい左がロース、右がヘルシーカルビ。
実は焼いて食ってる時点ではどっちがロースでどっちがカルビだかほぼわからなかったのは秘密。
最後の2枚くらいでようやくカルビを上手く焼けたのか、確かに貝柱みたいな食感だと納得行く出来になって違いが解りましたが。
ただ貝柱云々って要するに、凄く悪く言うと噛んでも噛んでも歯ごたえが残って飲み込みどころが解らないって事なんですよね。 流石にあれ程極端ではありませんが。
肉の味がしつつ貝柱のような歯ごたえ。 それを魅力と取れるかどうか。

裏返し

裏返してぱしゃり。
ロースとカルビに網目状の跡がついてる事にほんのちょっと感動を覚え。
こんな風になったのあったかな、覚えてないだけかもしれませんが。
ちょっと早めに裏返したのも関係してるんだろうか。

最終鬼畜全部豚タン

Q.画像タイトルでバレバレですが、この写真の妙な所は何でしょう。

A.全部豚タン

ネタのためにちょっと変わった事してみようとか思ったわけじゃありません。
普通に全種1枚乗せて焼けたら取って食べてまた1枚同種を乗せてとやってたら、明らかに豚タンが大量に残るペースだったので。 最後に全種1枚ずつで締められるように調整したのでした。
そういえば最初の注文時に豚タンを枚数少なくていいから前みたいに厚切りにしてもらえないかなと思って店員さんに質問したんですが、既にスライスしてあるのを出してくる(ので調整は無理)との答えでした。
ただうろ覚えな記憶からすると「豚タンは既に切ってあるのを出してくるんですか?」って訊き方したっぽいんだよな。
この質問だと「豚タンはでかい塊が丸ごと出てくるんですか?」という趣旨だとも取られかねないですかね。

にんにくやけた

にんにくに火が通ったのでアルミ容器をどけて七輪上がフリーダムに。
賢明な読者は右側を見てお気付きであろう。
うん、ぶっちゃけ七輪全面を使って焼いたら一人じゃ食うの間に合わない。
取り皿@醤油・レモンに合わせて肉3枚程乗ってる状態が維持されてる感じでいつつ、のんびりしてると肉の端っこが焦げるって有様でしたからね。
前回はそうでもなかった気がするんだけどなぁ。 広めの席だったから七輪の直径も大きかったんだろうか、焼いてて全く違和感なかったけど。

ふぁいああああああ(弱)

お約束の炎上は無いかと思ってたらロースさんファイアー。
脂をぽたぽた垂らすのはシマチョウさんの役目だったからこれはちょっと意外だった。
火勢は弱いけどな!

ふぁいああああああ(強)

小ぢんまりとした火ながらも炎上撮ったと油断していたらシマチョウファイアー。
にんにくがどいた後だから残りの肉も少なくなった頃、それまで炎上しなかったのは何故なんだろう。
しかしこの炎上っぷり、良いタイミングが撮れたものだと自画自賛したい勢いだ。

後半戦

後半戦
豚トロと白ネギときのこ盛り合わせ。
いつも3品・うち1種を何かアルミホイル包み焼きものにしてたはずだとメニュー見ていて、肉2種はちょっとお腹具合的にキツいよな、何にしてたっけ、と、かなり長いことにらめっこしてたのは秘密。
そういえばネギはアルミホイルでなくそのまま焼くんだって事をすっかり忘れてました。

アルミホイルでけぇ

乗せてぱしゃり。 アルミホイルでけぇ。
豚トロさんも炎上っぷりを見せてくれました。 シマチョウもそうだが、恐ろしいくらいに脂垂れてるのな。
どんだけ脂質摂取してるんですかと。
ネギが概ね裏表で重心の関係か安定する置き方があるはずなのに、特定の向き1点以外で置くとどうしてもころんと転がる事に絶望した。
おかげでべったり真っ黒に焦げるまで置いといても内側が辛くて大変だったのぜ。

豚トロ・ネギを3枚・2本程焼いたところできのこにも火が通り、ちまちま食べだしたんですがその頃には既にお腹いっぱいになってきてました。 なんとか完食しましたが。
そんな満腹っぷりでも締めにきっちりバニラアイスを頼む暴挙。

というわけで網交換・レモン2切れのそれぞれ50円ずつ込み、前半後半でモスコミュール・ジントニックを頼みつつ、3685円でした。
くじらベーコン

見た目だけはやたらと綺麗な一品。
画像タイトルに書いてあるんでバレバレですが、くじらベーコンです。
先日の仙台旅行で父さんが昔を懐かしむ的な意味で大喜びで買ってました。
が、当の父さんは味がよくない、と、ちょっと食べて以降箸をつけず。
くじらはたぶんどこかで食べているけど味は覚えていなかったボブお兄さん的には、味の良し悪しというよりは、ベーコンにしては味(というよりベーコン特有のいかにも燻製肉です! という主張?)が薄い気がしました。
でも酢味噌つけたりわさび醤油つけたりしてもりもり食べてたらちゃんとつまみとして役立ってくれましたとさ。

牛タン

試食があったのでついカッとなって買った160g1890円の塩味牛タン。
嘘みたいだろ……? 12枚しか入ってなかったんだぜ……?
但しその分、1枚がそこら辺の焼肉屋さんで出てくる倍近い大きさ。
なので写真のこれは2枚をそれぞれ半分に切って焼いてます。 せっかくのでかい牛タンを半分にするなんて勿体ない気がしないでもないですが。
旅行中に食ったのより薄かったり、切ったせいで焼肉屋さんで食べるのと変わらないどころかそれより小さいくらいになってしまっていたりするけどやっぱり牛タンうめぇwwwww
初日に4枚、以降1日2枚、1度夕飯に母さんが高い肉焼いてた時に2枚だけ提供で、4日間おつまみとなってくれました。

さぼてん

祖母がシルバーなダンスの同好会の旅行で居ないというので、祖父と両親とで車ぶろろんと出してさぼてんへ。
前回同様選べる定食とやらにしてロースカツ・ヒレカツ・チキンカツのカツラッシュ。
あれー? チキンは梅しそ巻きとかそんなのを頼んだはずなんだけどなぁ。
今回は先に出たキャベツは2回取るにとどめ、3度目はカツと一緒にもしゃりもしゃり。
2皿で出てきたので祖父&僕、両親とそれぞれ取ってたんですがこっちの皿の減りが異様に早かった件について。

謎の塊に見える

さて今回のメインディッシュです。
袋に入った物体。 こうして写真で見ると謎の塊に見える何か。
何だと思います?

取り出し

袋から食べる分を取り出し。
A.鶏軟骨
調達するの苦労したのぜ。 野菜とかきのことか砂肝とか買ってる小さなスーパーに無く、母さんが地元商店街キラーの規模大きめスーパーで探してくれたけど無く、帰りがけに肉屋さん2軒寄ってみたけど無く……

余談ですが2軒目の肉屋のご主人が凄く丁寧に事情を教えてくれました。
物凄く要約して言うと、うちの所みたいな小さな肉屋だと飲食店に流してるから扱ってない。 大きなスーパーに行けばあるんじゃないか。 という事でした。

で、母さんがJRでない最寄駅の商店街に鶏肉専門店があるという事を思い出しまして、買い物ついでに見に行ってみる、と。(僕が会社帰りに寄るには普段通るルートから大きく外れていて、5分強くらい余計にかかる羽目になる位置)
但し今は知人の店の手伝いにパートで行ってて余裕がないから、それが終わってからという話。
待ちきれなくて自分で行ってみた所ありましたよヒャッホゥ!!
200gで265円。

焼いて皿に置き

焦げ付かないように弱火でちまちま焼いてたら思いのほか時間がかかったのは秘密。
皿に盛って粒胡椒ごりごりかけて、レモン汁を別の小皿に添えて頂きます。

軟骨がうめぇんだよ軟骨がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

申し訳程度にくっついてる肉も良い感じ。 やべぇこれは一発でくせになった。
まぐろ共々おつまみとしては最高のご褒美だ(*‘ω‘ *)
両親と一緒に一泊二日のバスツアー。

8時前に上野発だったので6時台に家を出る事に。 休日だってのに早起きだなんて(*‘ω‘ *)
朝食は駅構内で弁当でも買ってバス内で食べるという方針だったのですが、出発20分強前に着いたので、コーヒーショップで軽食を摂りました。

バスに乗ってでろでろ移動。 去年同様概ね寝てました。
起きてる時はDSプレイ、すばらしきのこせかいのクリア後要素をコンプ後クロノトリガーに移行。
途中3度程インターチェンジでのトイレ休憩を挟みつつ、5時間くらいで仙台市内へ。

牛タン

昼食、利久という店の花京院店で牛タン定食。
花京院って地名あったのか。 精神的動揺による操作ミスは決してなさそうですね。
左の皿に存在感たっぷりの牛タン、そして奥にぽてりと置かれた緑のお野菜……と、見せかけてこれ全部漬物
茶色いのは味噌。 上のとろろに醤油かけて頂いてるし、なんか物凄く塩分過多な気がする食卓っぷり。

テールスープ

少ししてテールスープが運ばれてきました。
ボブお兄さん的には初めて食べる代物。 肉がほろほろに柔らかくてうめぇwwww
右に牛タンを再び映しています。 大事な事なので2回撮りました。
牛タンむっちゃうめぇwwwwww 分厚いというだけで普段食べる薄っぺらいのと比べてこんなにもご飯が進むとは。
思わずご飯おかわり頼みたくなったくらいだ。 夕飯が食べられなくなるかと思い踏みとどまりましたが。

しかし父さんにはちょっと不評だった模様、牛タン1枚残してたし、テールスープは肉だけどっさり残してたし。
なんでも以前仙台に出張で来た時に食べた牛タンよりも味がよろしくなかったらしい。
流石は味にうるさいMyファザーだ。 そんな父さんに不評のお肉を息子は大喜びでがっついてたわけですが。

伊達さん

少し移動して青葉城址へ。
戦国時代が誇る中二病患者伊達さんじゃないですか! 折角なので撮ってみたけど思いきり逆光でした。 ぎゃふん。

仙台の町並み

政宗さんの像と逆を向くと仙台の町並みが一望出来。
何処に何があるよと写真と共に解説のついた石版があったんですが、どうも写真が古いものだったようで、今見える景色と結構違ってて位置関係がよく解らないという有様でした。

妙な名前の道の駅

宿泊先を目指す途中、道の駅でトイレ休憩。
なんか珍妙な名前してました。 「あ・ら・伊達な道の駅」
添乗員のお兄さんも言ってたが、呼ぶのがちょっと恥ずかしい名前だ。
ホテルは持ち込み禁止ですが、空の冷蔵庫が置いてあるから飲み物なんかはここで買っておくといいですよ なんて話があったからか、父さんがノリノリで酒を買う気満々。
普段家では酒飲むなんて滅多にないのにね、不思議だね。
父さんは350mlビール2本、僕は氷結なんちゃらグレープフルーツ味(アルコール7%を選んだつもりが6%でした) それにつまみとして炙り鴨と銘打たれたものとビーフジャーキーと鱈で挟んだチーズを買いました。

何してはるんですか社長さん

宿泊先の近くのこけしを作成・展示・販売している所にて。
何してはるんですか社長さん。
どうやらこけしの着ている着物の名前という意味での「つむぎ」のようです。

従姉妹からバレンタインに義理という怨念の籠ったチョコをもらったのでここでお土産を買いました。
こけしコスプレしたキティちゃんのストラップ。
普通のこけしのストラップもあったんですが、あの無表情を携帯にぶら下げてろと言っても嫌がらせ以外の何物でもないと思ったのでキティちゃんに。

ホテル部屋

ホテルに到着。 鳴子温泉郷という所の、えーと、字忘れた。 こううんかく って所です。
手前に10畳、奥に椅子と小さなテーブルというお決まりのスタイル。
あと玄関と両脇にトイレ・風呂つき洗面所。 添乗員さんの言ってた通り空の冷蔵庫。
手前のでかいテーブルに各階に何があるかのフロアマップや施設紹介のホテルお手製冊子ファイルがあったので見てみたんですが、どうやらこのタイプの部屋はこのホテルで一番小さな規模らしい
と言っても他というと、広さ的には大差ないが洋室もあるタイプ・12畳和室のタイプ・8畳くらいの和室洋室併せて3部屋くらいあるが1室しかない特別室 程度のバリエーションでしたが。
で、絶望したのがゲームコーナー無いよこのホテル
や、別に無けりゃ無いで部屋にひきこもってDSやってりゃいいんですが、ゲームコーナーに何があるかなと見てみるのも個人的な楽しみの一つだったんですよコンチクショウ☆

ホテルに着いたのが17:00頃、夕食は18:00から。
この1時間の間にまず風呂へ。 父さんと一緒に温泉ざぶん。
見晴らしの良い露天風呂があるよ! と施設紹介冊子やらエレベーター内のポスターやらに自信ありげに書かれていたんですが、実際入りに行ってみると 狭い ぬるい しきりが高すぎて風呂に入りながら景色が見られない と、しょんぼりな結果でした。
ぬるいのはこの寒い時期に外気にさらされてるからまぁ仕方ないにしても、6階の露天風呂なんだから外から見られる心配もなかろうに、やけに壁の高い鉄壁の防御ですよ。

夕飯

夕食。 なんと種類豊富な食卓。
右の奥・鮭のちゃんちゃん焼き。 手前の鮭と野菜の乗った皿をどばんとぶち込む。
左の奥・すき焼き風鍋。 手前の肉と野菜の乗った皿をどばんとぶち込む。
これがメインっぽく。 すき焼き風の方は肉二切れかよしょんぼりだなとか思ったなんて言えない。
真ん中奥の蓋開けてないのは白身魚に山菜のとろみ餡かけなもの。
右手前刺身皿の甘エビが妙にしょっぱかった。 塩の塊でもついてましたかくらいな。

んでもってこの夕飯食べた部屋が妙に暑かった。
ただでさえ暖房強めに利いてる所にこの御膳がバスツアー参加者分だけ置いてある=そこかしこで固形燃料に着火なせいでしょうかね。

夕飯後しばらくハイパークロノトリガータイムして、20:00頃に父さんと共にロビーへ。
20:15から案内便のバスが出て10分強かけて近くの温泉、しんとろの湯なる所へ連れてってくれる、というのに参加しました。 送迎費・入浴料込みで1人700円。
添乗員さんが紹介していて、ホテルのエレベーター内ポスターでも、案内便出てますよーと掲げられていたもの、折角なので行ってみようと。
5つ程の洗い場スペースとでかい浴槽があるだけのシンプルな温泉でした。
入ってみると添乗員さん・ポスターの紹介にあった「とろっとろ」というより「ぬるっぬる」の湯。
うーん、「とろとろ」と言うならもうちょっとぬめり感があった方が……? 多分「ぬるぬる」だと聞こえが悪いから「とろとろ」なんだろうな。 とか思ったなんて言えない。
ホテル到着後すぐの風呂で体洗ったり等は済ませていたのでここではお湯に浸かるだけでした。 が、それがいけなかった。
帰りのバスは21:15に来るって話だったんですが、お湯に浸かるだけだったので然程時間かけずにあがったんですよね。
んでこのしんとろの湯の施設、交流室なる正方形の机が9つ置かれたスペースがあるだけ。 要するに暇を潰せるものがない。
そういえば去年も宿泊先そばの鹿の湯ってとこ行ったはいいが、暇持て余してさっさと戻ったっけ。
今回はバスで10分強の距離だから先に歩いて戻るというわけにもいかず。
結局父さんと2人で煙草吸って、それから25分交流室に座り込んでぼけーっとして過ごしてました。

ホテルに戻ってまたもハイパークロノトリガータイム。
22時頃からちまちま酒を飲みつまみを食べつつやっぱりクロノトリガータイム。
23時頃に寝ました。 後に同じ頃寝た母さんをして曰く「HYNが布団に入ったと思ったらすぐ寝ていた。 羨ましい」

朝は7時から朝食だったんですが、6:15に起きて父さんと朝風呂へと洒落込みました。

朝食

朝食、和食のバイキング。
概ね見た通りで説明いらずと言った料理の取りっぷりですが解りにくそうな右上は長茄子の漬物、大根の葉っぱ(?)の漬物、小梅です。
サラダのドレッシングが……えーと、何て言うんだっけ、白くて酸っぱい味付けの。 それしかない事に絶望した。
もやしが味付いてない事に絶望した。 てっきり大根葉の茎の部分(?)ともやしの炒め物但し殆どはもやしだ! な代物かと思ったら、これ茹でただけじゃね? って感じで。

朝食後支度を整えて出発、1時間程かけて伊達政宗資料館なる所にバスを止め。
希望者は40分程かけて島を眺めるよ! な、船旅へ。 もちろん参加。

かもめ可愛いよかもめ

船着場を出てしばらくの間物凄い勢いでかもめがついてきました。
それもそのはず、船内でかっぱえびせんを売っていまして、食べてもいいけどこれをかもめに食わせるのも面白いよというわけで。
操舵手さんの、見えてくる島々の解説なんざそっちのけでかもめへの餌付けをキャッキャと楽しむ参加者達。
しばらくは後ろで眺めてたんですが、母さんがえびせん2袋持って船内から出てきたので1袋もらって餌付けを楽しむ事に。
指に摘んで持ったえびせんを直接取っていきます。 やべぇ可愛いwwwwww
かなりの数が船に並走しているのに最初に取りに来た1匹でほぼ固定でした。 よく取り合いしないもんだな、かもめ達の間で暗黙のルールがあるのか。
んでどうも、僕のとこにあたった1匹が取るのちょっと下手だったのか、かなりの率で指ごとついばまれる 痛ぇwwwww ひとしきり与えてさて終わったと思ったら父さんに指から血が出てるぞと指摘されました。 確かに親指の爪の付け根にちょっと滲む血。 かもめくちばしめ、やるな。

島1

餌付け後は島もちゃんと見たよ!
なんか気になったので撮った島1。
伊達政宗さんが船で遊覧した時に形が気に入ったから何か名前つけた島だとか言ってたかな?
今はちょこんと上に乗っかってる岩がちょっと物理的に無理だから支柱を1本つけてあるとか聞いたような気がします。 ガイドさんの声はっきり聞こえてなかったので勘違いしてるかもしれませんが。

島2

なんか気になったので撮った島2。
4つ穴があるから是非確認してみて下さいとか言ってたのは聞いたんですが、どんないわれのある島なのかとかは覚えておらず。

この島の話ではないんですが、ちょっと大きめの島で砂浜があって船で接岸・上陸出来る所がありまして。
ガイドさんが言うに、そこが赤松の生えている島。 つまり松茸が取れる、と。 松茸が欲しい人は自前で船用意して頑張ってくださいみたいな冗談を言ってました。
もし実際やったら犯罪ですよね。

瑞願寺前

船旅を終えて戻り、すぐ目の前の瑞願寺へ。
お寺への道の木々の間の道に心奪われたので思わずぱしゃり。
寺に入るには入場料が必要でして。 お寺の中っつったら撮影禁止が相場だろうってこって、入ってもネタにはできなさそうだなとやめる事にしました。

その選択が正解でした。
この後バスの止められている伊達政宗資料館へ戻りがてら道中のお土産屋さんに入って色々買ってたんですが、資料館に着いた時には出発10分前でした。
到着後出発まで100分、船旅が40分で残り1時間、時間持て余して資料館のとこにある「伊達カフェ」とかそんな名前の所でコーヒー飲みながら暇潰す事になるんだろうなと思ってましたが、まさか時間使い切るとは……
余談ですが、ここでついカッとなって自分用に牛タンを買いました。 160gで1890円。 高ぇwwwwww

15分程移動して……えーと、塩釜なんちゃらというお土産屋さんへ。
直前に色々買ってたんで、もう人へのお土産は買わないと宣言していた母さんですが、父さん共々自宅用に食べ物をちょろっと買ってました。
僕も家で1人、ぃゃ1匹寂しく待ってるねこのために、何かねこも食べられる海産物でも買おう(海が近いとあって、海産物が色々売られていた)とでろでろ見てたんですが、どこを見ても人間様の食べるものしかなくて絶望した。
でも確かこの後のタイミングで、バス内最前列の人の所に鰹節が置いてあったんだよなぁ、どこで売られてたんだろう。

特上寿司

昼食。 前日の昼食牛タンと共にバスツアーの表題を飾る「特上寿司」
確かに美味いんだけど、何が「特上」なんだろう。 添乗員さんが「クラブツーリズムの言う「特上」 不安ですねぇ」と自虐ネタしてました。
確かに美味いんだけど、見ての通り量が少ない。 明らかに足りないだろうと思ってましたが、食べ終えてみたら腹八分にはなりました。 父さんには足りなかったんじゃないかな。

母さんがこの寿司屋のすぐ近くにたい焼き屋さんを見つけて、物凄く惹かれていたようですが、僕が「この後おやつにどら焼き配られるんじゃなかったっけ?」という発言と、要らないとの父さんのお断りします(゚ω゚)っぷりを前に諦めてました。

笹かまぼこ

最後の施設、笹かまぼこを作っていて作りたてとかを売っていますよな場所。
もうお土産だらけなのでここでは買いませんでした。 試食はしっかり頂きましたが。 かまぼこうめぇwwww
何故か(?)300円とお高いアイスを売っていて、2個購入。 アイスうめぇwwww

牛タン弁当

帰りのバス内で食べた牛タン弁当。 バスの揺れのせいで何度撮っても携帯電話画面で見てすら解るブレブレの写真にしかならなかったので諦めて採用。
箱についてる紐を引っ張ると、弁当の下についてる発熱剤が温まるので温かく食べられますよという一品。
引っ張ったら温かいっていうか熱い。 どういう仕組みなのか見てみたくなったけど、容器を分解するわけにもいかず。

18:30頃に上野に着きました。 こんなに順調に戻ってこられたのは初めてだと添乗員さんの言。
去年のバスツアーでもそんな台詞聞いたな。 2月の上り車線は空いてるものなのだろうか。
いそいそと酒のお供におつまみを作ったわけですよ。

鶏がらスープの素

まず鶏がらスープの素。
以前は我が家にはない調味料だったんですが、正月に雑煮を作る際に母さんが買ってきてそれっきりになっていたのをちょくちょくカップスープ作るのに使っていたら結局殆ど僕が消費してしまったので新しく買ってきたもの。
これをちょっと深い小皿に投入。

ガーリックチップ

続いてガーリックチップ。
にんにくは我々の業界ではご褒美ですとばかりに大喜びで、ちょっと値の張るのを買ってきたら全く使わず。
カップスープ作る際に沸かすために小鍋に張った水にぼちゃぼちゃ入れていたら(パスタソースやなんかで油ににんにくの香りをつけるには、加熱前から入れておくといいと聞いていたのでお湯も同様かなと水の時点で入れてました)目に見えて減りだしました。
これも小皿に投入。

葱の青い所

次に葱の青い所。
なんで長葱の青い部分は捨てるのが一般的なんでしょう。
なのに、それに対して会社で昼休みに見たレシピ投稿サイトだと、とある用途においてはむしろ青い部分を使う事を推奨している。
まぁともあれ、みじん切りというにはちょっと大きいかな程度の不器用な切りっぷりですが、これも小皿に投入。

ごま油

ごま油。
スプーンに注いで横に置いて撮ったわけですが、こぼれやしないかと不安だったのは秘密。
サラダ油とどっちにしようかとも思いましたが、こっちの方が味が解りやすいかなと思ってチョイス。
やっぱりこれも小皿に投入。

そして水をスプーン4杯程小皿に入れて。
レンジで1分程チンすればあら不思議。 塩ダレの完成というわけです。

肉を浸す

作った塩ダレに肉を浸します。
しばらく漬けておいた方が良いんでしょうけど、作ってる時は全くその発想が無かったためどっぷり浸からせただけですぐとり出して……

焼く

フライパンで斜めに切った葱……斜めに切ったのを「小口切り」って呼ぶんでしたっけ?
葱と一緒に肉を焼き。 先に葱を焼き始めて少し経ってからの肉投入。
葱甘ぇwwwwに仕上げたかったので焦げ目をつけるつもりはなかったんですが、うっかり長めに葱ソロライブさせてしまったのでところどころしっかり焦げ目がついたものになってしまいました。

完成

肉と葱を小皿に盛り、残った塩ダレをかけて、更に粒胡椒をぱきぱきかけて完成。
実は前にも1回このおつまみ作ってまして、その時は水をスプーン2杯程度にしてたので最後に完成品にかける程残ってなかったんですよ。
今回は前回よりも肉が少なく、水を多く入れていたのでむしろ多すぎるからちょっと捨てたくらいでした。 調整下手だな僕。

なんで前回の写真じゃないかというとですね、最後の1枚撮ってから気付いたんですが前に携帯メール添付用に画像サイズを小さく設定して猫を撮って、設定戻すの忘れてたためにとても小さい写真でブログ用には使えなかったというスットコなオチだったんです、はい。
綾崎さん何してはるんですか

綾崎さん何してはるんですか。
なんでも前日……日曜か、島田紳助さんがテレビで言ってたとかで母さんが買ってきました。
日曜のって事は行列の出来る法律相談所か。 そこでなんでエクレアの話なんてしてるんだろう。

下に置いてあるマウスパッドのせいで新校舎完成記念エクレアに見えない事もない気がした。

玉ねぎさん

つまみに食べた玉ねぎさん。 キャベツのうまたれをかけて。
北海道産が5個100円とあったのでついカッとなって買って帰ったら、母さんに玉ねぎたっぷりあるのにと言われてしまいました。 ぎゃふん。
しかも個人的には長ネギに比べると進んで食べたいって程でもないなと思ってしまったという暴挙。
翌日辺りカレーで大量消費されました。

まぐろたべたい

まぐろたべたい ぴちぴちおさかなたべたい。
おつまみ用として野菜買ってるスーパーで、土曜の特売品にめばちまぐろ刺身用100円とあったので、つい出来心で買ってしまいました。
でっかく 100円!! って書いてあったから、てっきりタッパー1個で100円と思いこんでてレジで317円って言われてお兄さんびっくりだった。 100g100円、でもってこれは317gというオチ。

わさび醤油で

もりもり取り出してわざび醤油で頂きます。
まぐろうめぇwwwwwwwwwwwwwww
やー、刺身はまぐろが最強だな。 12月に回転寿司でまぐろも食べたけど、刺身として盛って単品で食べるのは物凄く久しぶりでして。 こんなに美味かったのか。

まだ残ってるとホクホクで居たら母さんから弁当用に煮ちゃったからねって言われてすげーしょんぼりだった。

砂肝

はい豪快な砂肝です。 商品シールの日付見るとまぐろより先の出来事ですが細かい事ですとも。
一人焼肉から間もない頃、そういや昔は母さん砂肝買ってきてバターソテーしてたよなと思いだしたら砂肝が食べたくなってしまいまして。

値段的にはまぐろより安くてお得な感じ。

二つに切り

分厚くて火が通りにくいから半分に切ってから焼きなさいよと母さんに口を酸っぱくして言われまして。
おもむろに取り出して、これがそれぞれ2個、筋の部分か何かでくっついてるのを半分に切りまして……
うん、流石に このままじゃ分厚すぎるよな、半分に切れと言ったのはこれを更に薄くしろという事だったんだろうと気付いてはいました。
でもそのまま焼いた。

黒胡椒かけて

表面に焼き色がついてからも表裏それぞれ5分くらい弱火のフライパンの上に放置。
そろそろいいかなと取り出して黒胡椒をもさもさかけて。 ただの胡椒じゃないのぜ。
粒の胡椒なのぜ。 蓋の所にミルがついてて、ぱきぱき鳴らしながら回して粉にするタイプの。
実はゆずこしょうと一緒に買っていました。 700円くらいしたぜ。

で、1個口にして、丸ごとは食べずに半分に食いちぎって断面を見たんですが、何やら茶色がかったピンクといった色合いをしてましてね。
不安になったのでギルチャでそれを言ってみたものの、はっきりした指摘はないのでMSNってみたら

保健所だより第19号 食品の「生食」にご注意! 東京都福祉保健局

>最近、飲食店で提供された生もしくは生に近い(表面だけ湯通ししたもの)
>鶏肉、鶏の内臓(生レバー・砂肝)を生食し、カンピロバクターによる食中毒になったという事例が多発しています。

おいィ? 不安を煽る内容が思いきり引っ掛かっているんだが?(もし生で食べたらどうなるのかと思って「砂肝 "生食"」でMSNった)
レンジにぶちこんで2分加熱しておきました。 腹下したりはなかったんで大丈夫だった模様。

牡蠣

見る人によってはグロ画像かもしれない。
どっさり盛られた牡蠣です。 会社の部署の面々で飲み会行って牡蠣鍋があったんですが、このようにまとめてどでんと出された姿に圧倒されて思わず撮ってしまいました。
美味かったよ!('(゚∀゚∩

一人焼肉 6回目 

2009.01.26 20:35

初めて訪れたあの日からもう1年過ぎているわけで。
なんかここの所ステーキ2度行ったりしてたからあんまりフレッシュミィィィィトゥ欲がなかったけど行ってきました。

一 人 焼 肉  6 回 目

前半戦

前半戦
左奥:にんにくごま油
右奥:豚タン塩
左真ん中:厚切りステーキ
右真ん中:砂肝
左手前:豚ホルモン
右手前:牛ミノ

にんにくごま油がアルミホイルに包むタイプじゃなくなってる! タッパーみたいな形状のアルミホイル容器になみなみごま油。
豚タンなんですが、「厚切り」の文字が無くなってました。 で、前回同様薄っぺらくて枚数多めな感じ。
今回の新顔は厚切りステーキ。 確かに分厚く切ってあって、そこんとこはなかなかいい感じなんですけども、写真よく見ると解るかもしれませんがかなり細く切ってある。
分厚くして肉に大きく自己主張させるのが狙いなんじゃないのん? この細っこさじゃしょんぼりと言わざるを得ない。 おまけに何故か箸で持つと細かくちぎれる事があった。 何なんだ。

一通り乗せ

一通り乗せてぱしゃり。
左から豚ホルモン・砂肝・厚切りステーキ・牛ミノ・豚タン。
やー、いろいろしょんぼりな所はあったけど、やはりこうして焼き網に乗せると些細な事に思えてくるね。
各お肉皿を受け取った段から薄々思ってたが、もしかしてホルモンがかなりお得商品じゃなかろうか。
これくらい存在感のあるサイズがどっさり乗ってるのぜ。 問題は人を選ぶという所か。 ホルモン駄目な人って居ますよね。 うちも父さんが駄目です。

裏返し

裏返してまたぱしゃり。 ってギャー凄まじくぼやけてる!
今回は最初に乗せた5種1枚ずつで裏返し後も撮れました。
砂肝と豚タン辺りなんか明らかに焼けるのに必要な時間違うだろうに、どうしてすんなり行ったんだろう。
豚ホルモンうめぇwwww かすかに甘みを感じる、そして脂が多い感じだけどくどいと思わない。 安いお肉のくせにやるな。 と、これは前にも言ったような事ですね。
逆にしょんぼりだったのが厚切りステーキ。 この写真で言うと真ん中手前。 何か物凄く見慣れた姿形をしてたので、硬めなお肉をイメージしてたら 柔らかくてぽそぽそしてた。
なんだろう、肉汁が全くなさそうな感じ? と、なんだかボロクソに叩いてる勢いですが、「肉!」という感じはちゃんとしてました。 食感がしょんぼりなだけで。 ジューシーお肉だったら言う事なかったのかな。

多めに乗せてみた

多めに乗せて撮ってみた。
と、言っても5種1枚に砂肝と豚タンを1つ追加しただけですが。
冷静になってみればわざわざ改めて撮る程でもないような気がしてきましたが、当時の僕はお肉フィーバーの熱に当てられてどうかしてたという事で一つ。
因みに真ん中手前何に見えます?


A.豚タン   端っこの方の部位だったようですね。

こげた(゚Д゚)

にんにくがうっかり焦げてしまいました。
アルミホイルに包んで焼きだった時と同じ感覚で放置してたらご覧の有様だよ!!
油がふつふついいだして結構経つよなと取ってみたら手遅れでした、と。
アルミホイルよりも火に接する底面が広かったせいでしょうかね。
見た目程苦くはありませんでした。

フリーダム

にんにくがどいたので網の上はフリーダム。 これくらい差があれば改めて撮るのも頷けるというもの。
左に厚切りステーキ2枚、奥に牛ミノ2枚、真ん中に砂肝、手前に豚タン、右にホルモン3枚。
こんな感じでこれ以降網に置く肉の種類はかなり偏ったものとなっていました。
各種残り3枚になるように調整して最後はバランス良くいきましたが。

後半戦

後半戦。
豚カルビ・白ネギ・じゃがバター焼き。
肉2種だとちょっとキツいかなと選択したじゃがなんですが、結構大きい薄切りバター的な意味でこれも十分ヘビーですよね。
長葱をおつまみ用に買い出したから解ったんですが、ネギこれで190円って事はスーパーで買う金額の概ね倍?
そう思っても自重する気はあまりありませんけどね!(=゚ω゚)

なんか寂しい絵面だ

それぞれ網に乗せてぱしゃり。
なんかすげー寂しい絵面だ!!
肉1枚・ネギ1欠・アルミホイルどでんだけってシンプルすぎるな。
しかしこの豚カルビの心強い大きさは何だ。 この存在感で1皿290円ですよ?
枚数を稼いでる豚タンと違って1皿6枚しかなかったりしますが。

ファイアアアアアアア!!

今回は無いかなと思ってた炎上写真。 豚カルビさんがやってくれました。
いやーすげぇぜ豚カルビさん。 しばらく置いておくと静かにぽたぽた垂れ始めて、裏返すと豪快にぼたぼた垂れて七輪炎上。 一旦網から持ち上げて火勢の収まるのを待たないと脂身がべったり焦げ付くという暴挙。
これは前半の種類豊富な肉祭り中にだと他の肉へ悪影響が出るな。 しかしそのぼたぼた垂れてるのが脂だっていうから恐ろしい。 これ1枚でどんだけ脂肪分摂取してるんですかと。

熱が通りホクホクになったじゃがさん、見た目は代り映えしてないので撮らなかったんですがこれが思いのほか美味かった。
豚カルビさんの脂は一杯になってきたお腹っぷりからちょっとくどいかなと思ったんですが、じゃがさんのバターはあまり気にならなかったミステリー。

後半完食後、バニラアイス頼んで終了。

にんにくごま油:290
豚タン塩:330
厚切りステーキ:390
砂肝:290
豚ホルモン:250
牛ミノ:390
モスコミュール:230
レモン2切れ:50

網交換:50

豚カルビ:290
白ネギ:190
じゃがバター焼き:290
ジントニック:230

バニラアイス:180

で、3570円でした。


おまけ
キャベツ祭り

おつまみキャベツ。
もう10回は軽くキャベツをつまみにしていてようやく、レンジでチンした後につまんで持ち上げ軽く盛り方を整えた方が調味料が全体にかけやすいと気付きました。

うまたれ

なんで改めて撮ったかって、これを買ってきたので。
会社で昼休みにデイリーポータル見た時かなんかにこういうものがあるというのを見かけてとても惹かれたものの、通販じゃないと駄目だって事に涙を飲んだのですが、愛用しているタバスコが無くなりそうなので駅ビルの調味料を異様に豊富に取りそろえてる店に行ったらどでんと鎮座しておりました。
「キャベツのうまたれ」というネーミングに、どんな味がするのだろうと物凄く期待してたわけで。
食っての感想はというと うまい、でも甘い。 なんかくせになる。 (出汁系の旨味? に甘さとほのかな酸っぱさプラス)という感じ。
普段我が家は甘い味付けを異様な程使わない家庭なので、この程度の甘さなら一般的には普通に美味しい部類でしょう。 ノンオイルだし塩気は強くなさそうだし、サラダのドレッシングに使ってみてもヘルシーだったりするのかもしれん。

ニラと肉 

2009.01.20 20:32

8枚くらい写真たまったら記事にしようと思ってたら、ニラ写真が12/26だった。
いつまで寝かせとくねんってこって、枚数少ないけど上げる事に。 そろそろアレの時期だし。

ニラ祭り

おつまみからニラがエントリー。
冷蔵庫野菜室を見たらモロンとニラがあったので、おもむろに取り出して束から4本くらい拝借。
適当にざくざく切って、レンジでチン。 ポン酢をかけて頂きます。
結構うまかったのぜ。 キャベツやら葱やらといい、野菜をつまみにして満足出来るタイプのスタンドで良かったぜ(*‘ω‘ *)

国産牛ステーキ

12月に行ったステーキ屋に、今度は父さんも交えて家族3人で行きました。
前回半額券を使わずとも半額セール中だったので券は使わずにいたんですが、確か期日が迫ってたよなと母さんに確認したら行こうかという流れに。
ありのまま店頭で起こった事を話すぜ。
「好評につき半額期間 1/31まで再々延長」
先月の12/31まで表記が「再延長」 つまり恐らく11月辺りからずっと肉半額?
開店後30分頃のタイミングで行ったんですが、混んでいて2、30分くらい待つ羽目になりました。
で、ようやく入店してのハイパーお肉タイム。
まずは父さんの注文、国産牛のステーキ(グラム数は忘れました)
前回僕が頼んだ300gと比べると薄いと言わざるを得ないがどでかい肉っぷりがなんとも心強い一品。

デミグラスハンバーグ

続いて母さんの注文デミグラスハンバーグ。
デミグラスソースが激しく沸騰しててじゅわああああとそれはもうお肉欲をかきたてる素敵な一品。
とは言うものの僕としてはこういう店でハンバーグは勿体ないと思うタイプのスタンドなのでした。
や、ステーキの店ですよ? でっかい一枚肉が食える店ですよ? ミンチをこねこねしたハンバーグさんなんか家でも作れるじゃないですか。 食べられるじゃないですか。
折角ステーキ店なんだから、自宅では実現不可能な馬鹿でかいお肉が食べたいってモンですよ!!

因みに父さんと母さんはステーキ&ハンバーグを分けて食べ。

300gステーキ

そしてボブお兄さんは前回同様300gステーキ。 トッピングも同じくスパイシーなんちゃらな辛みのついたにんにくたっぷり。
前回は肉の背に沿ってついてた脂身が、今回なんかくるんと丸まったどでかいとても暴力的な代物に。
肉の説明文に、赤身肉に脂身をつけた~とかなんとかあったので、脂身は後付け?
豪快にフレッシュミィィィィィィィィトゥしたいってのもあったんですが、目的の半分は前回右半分がやたら筋っぽかったのはたまたまなのか、それともこのサイズの肉頼むと毎度の事なのか確かめたかったため。
残念ながら今回も右半分に達するととても筋っぽかったです。

余談ですがうちの父さん肉が筋っぽいと必ず文句言うんですよ。
にも関わらず、特に不満を漏らしてなかったので、父さんの肉は当たりだったのかもしれません。

Windows 

2009.01.16 20:50

何やら部長と課長が新しいWindowsが出るらしいと話していて。
名称がWindows7というらしいが何故「7」なのかという疑問が挙がってました。

ボブ「7個目のWindowsだからじゃないですか? 3.1、95、98、2000、XP、Vista」
部長「MEが抜けてるじゃないか」

すっかり忘れてたなんて言えない。
95から広まって行ったから、そこからカウントしてるんじゃないかという説に落ち着きました。
無意味に2ちゃんねるのスレタイ風のタイトルにしてみた。

はいそんなわけでですね。
ボブお兄さんの昼食はほぼ毎日母さん製弁当なんですよ。 高専に入って学食or弁当になって以来ずっとなので、改めて考えてみるとえらい長い間有難うございますな話なんですが(って、父さん弁当はもっと年季が入ってるな)
以前は2段重ねの弁当箱の上にご飯、下におかずのスタイルだったんですが、数年前に食が細くなった頃に連日ご飯を半分程度残す暴挙を見せ、じゃあ量を減らそうという事でちんまりしたおにぎり2個+小さい弁当箱におかずちょっとという形式に移行しました。

おにぎりの具のバリエーションが
・昆布+おかかっぽいもの
・梅干し
・昆布の佃煮
・明太子
・おかか
・高菜
・鮭(フレークじゃなく、切り身を細かくしたのがモロンと1個丸ごと)
……くらいかな? あるんですよ、頻度は上から順に多いって感じで(鮭は切り身を細かく分けたのが量多く残ってる事が多いので、主におかずとして入れられている)

で、問題はここ最近上2個という組み合わせの頻度が異常だったという事。
1週間5日の出勤中4日はこれと言っても過言でなかった時期があったりなかったりする程。
昆布+おかかっぽいものが父さんの大好物だそうでして、毎日でてきたっていいぜイェフーの構えらしく、その影響で僕のおにぎりにもという次第で。 んで僕はこの具、好きでも嫌いでもない程度でしかない、と。
逆に僕は梅干しが好物なので、以前何かの折におにぎりの具について母さんと話した時に毎日でてきたっていいぜイェフーの構えを見せたんですが……あれだ、うん、いくら好物でもいつから連日出て来てるか覚えてないくらいにご飯の中からこんにちわしたら流石に飽きた。

それでもしばらくは明確に不満には思ってなかったんですが、ある日はたと気付きまして。
弁当箱を開ける時に今日のおかずは何だろなーと楽しみにしているというのに、アルミホイルに包まれたおにぎりの方には何ら期待をしていない。
これは異常事態じゃなかろうかと。
ってなわけでついに一昨日辺り母さんに業務改善依頼をしたわけですが

ボブ「おにぎりの具のバリエーションを増やしてくれない? ……いや、弁当箱を開ける時におかずの方は楽しみにしながらなのに、おにぎりの方は全く期待してない事に気付いてさ。」
母「えー。 言わんとする事は解るんだけどねぇ。 うーん……」

なんか物凄く消極的です。
というわけでえりめのみんな! オラにちょっとだけおにぎりの具を提案してくれ!!

因みに母さんからはツナマヨ案だけ出てます。


2009/01/28追記
みんなから貰ったコメントを受けて母さんに話してみた所……

とろろ昆布・いくら・すじこ
弁当のためだけに買うのもちょっと、と、消極的

おむすび山
大量に作るならいいけどうちみたいに少ないと向かないんじゃないか、と、消極的

おかず的なものをぶちこめ
(笑) コメント無し

という結果だったよ!?

とりあえず5日中4日同じものって事はなくなってるようなので、まぁいいやという感じです、はい。

怒涛の8連休なので 

2008.12.28 12:49

2008年暮れカップ麺


引きこもる準備は万端だ!

2日くらいは出かけるかなんかで家で昼飯食いはせんだろうってこって6個。
と、称して大半は両親とイタリアンなお店に行った時の写真だったりする。

例によって例の如く母さんが中華屋とうどん屋どっちがいいと訊いてきたのでそれ以外と駄々をこねたのでした。
ほんと母さんうちだけで食いに行くっつーとその二択だなぁと思ってたら、誰かと電話していて 主婦にとって外に食べに行くのは準備・片付けをしないですませられる事が有難いのであって、内容は二の次だ みたいな事を言っていて成程と納得してみたり。
母さんの場合それに加えて、わざわざ遠くまで行くの面倒だから近場でという条件がつくわけで。 うちの近くほんと飲食店ないからな。
僕としては母さんの挙げる二択はなんというか、普通過ぎて魅力がないというか、行ってみてどれを注文しようかというわくわくがないから嫌なんですよ。

因みに中華・うどんなら3分程で着く所ですが、イタリアンなお店は6分程の距離です。

シーザーサラダ

シーザーサラダ……だった気がする。 どでんと鎮座した半熟卵。
この卵は普通潰して黄身を混ぜて食べるものですかね。
最後まで残った挙句、父さんに食えと言われたのでつるんと丸ごと口に放り込み。
別に皆して卵嫌いだったりしたわけではなく、1つしかないから取るに取れない的なポジションだったものかと。

牡蠣の串焼き

父さんが何かヘビーなモノが欲しいと、カキフライ的なものをイメージしたらしく注文した牡蠣の串焼き。 父さんと1本ずつ。
これをアテにというつもりでか、日本酒を頼んでいたのでそれに倣って僕も日本酒を頼みました。

マルガリータ?

なんとかチーズとトマトの一般的なピザとか説明のついていたマルガリータ……だった気がする。
フルサイズで頼んだので結構大きく、6枚に切り分け1人2切れ。
大きさが結構ある割に生地がぺらぺらなタイプなので意外と腹にたまらない感じで。

そういや生地が分厚いタイプのピザっていつからか見かけなくなった気がする。

ペペロンチーノ

何かぼやけてしまってちょっとしょんぼり写真になっていますがペペロンチーノ。
ペペロンさんうめぇ。 パスタの中ではペペロンさんが一番好きかもしれん。
父さん共々箸で食べる不作法っぷり。 母さんの方は手元を見なかったのでどうやって食っていたかは解らず。

と、言っても某五右衛門だとフォークなしの割りばしオンリーで選択肢なしに箸で食う事になりますが。
外人さんに不評なんだろうなぁあの店。

カルボナーラ

続いてカルボナーラ。 カルボさんも好きだがペペロンさんには及ばないな。
容赦のないクリームソース(?)がとてもカロリー高そうな気がしてちょっと気になる。
ペペロンさんも上の写真見ると油こってりなのにね!!
カルボさんってソースにチーズ混ぜてるものじゃなかったっけ。 チーズ風味がやや薄かったような気が。

アンチョビガーリックピザ

父さんが食い足りないらしかったので追加で頼んだアンチョビガーリックピザのハーフサイズ。
分けて半分ずつ。 にんにくうめぇ。
各テーブルに備えつけの辛みスパイスが何かさらっとした透明なソースでした。
超激辛と書かれていた割に申し訳程度に2、3滴たらしても全然辛くない。 全体がびしゃびしゃじゃねーかってくらいにかけてようやくちょっとぴりぴりするかな程度。
母さんをして正気の沙汰じゃないと言わしめる程に七味やらタバスコやらかける僕なので、僕が鈍感なだけかと思えば父さん(多分人よりやや強い程度)も辛くないと言ってました。


300gステーキ

先々週辺り、父さんが1週間出張で居ない間に、うちの近く(上で言っている中華・うどん屋近辺)にあってしょっちゅう割引セールのクーポンを郵便入れに放り込んでいくのだというステーキ屋さんに母さんと行ってきました。
ステーキ半額をうたっていて、1500円前後のステーキが半額……なのはいいんですが、サイドメニューや飲み物などで結構ボってる。
嘘みたいだろ……? ステーキにサラダorスープとごはんのセットをつけるだけで+550円なんだぜ……? あと僕らは頼みませんでしたがソフトドリンク・酒が300円やら500円やら。
ついでに、オプションでステーキにつけられるにんにくや香辛料が+100円or200円。
にんにく大好き辛いもの大好きのボブお兄さんは激辛スパイス&にんにくの一文に惹かれてホイホイ200円のオプションをつけてしまったのでした。
そんなわけで怒涛の300gステーキ。 これで(肉単体で言えば)930円程。
四半分程食った時点でお腹がふくれはじめな感じになってたので調子に乗り過ぎたかとも思ったもののなんとか食べ切れました。
ただなんかものすげー筋っぽかった。 特に左から食べ始めて右半分にかかった辺りなんか、一口食べると必ず口の中にいくら噛んでも細かくならない塊が残る程に。

おくら祭り

これまでの写真と比べるとしょんぼりな気がするおつまみ写真のおくら祭り。
いつものようにスーパーで購入。 フィリピン産とあった。 おくらは和の食材的なイメージがあったからフィリピン産にはお兄さんびっくりだった。
5本取り出し湯通しして切って皿に盛ったら思いのほか多くて食べる前からお腹いっぱいな感じになりましたが、いざ箸をつけるとぬるぬるうめぇと気にならず。

世界の山ちゃん 手羽先

L連オフで世界の山ちゃんへ行きました。
どっさりの手羽先。 コショウ辺りで辛くしてあって、辛いの駄目な人お断りな一品。
普段は手羽先なんて食うのめんどくせーよみたいに思ってるのに、たまにL連オフで山ちゃん行くと大喜びで食べるんだよなぁ。 どういう心理だ。


おまけ
ジンバブエドル

雫兄者がイギリス経由だかで買ったというジンバブエドル。
話題になった当時ちらほらと噂は聞いていたが、実際目の当たりにすると100万という数字がとても恐ろしいですね。

※2009/02/16 追記
違和感なく100万と書いてしばらく置いてたけど、100ミリオンと書いてある。
ミリオンで100万だったはずだから1億ですかねこれ。 

冬のボーナスで 

2008.12.11 20:45

wiiとxbox360

買ってきたのぜ。 食べたもの記事で日曜に買い物と言っていたのはこれの事。 流石にゲーム機本体2つを自転車では持ち帰りがキツかろうと父さんに車を出してもらったのでした。
これに加えてPSPのシリコンカバー・ポーチ・メモリーカードで61250円くらい。
なんか箱の方は店員さんに「エリート版は品切れとなっておりまして、60GBのハードディスクの方になりますがよろしいですか?」って言われたのぜ?
こだわりはないというか、エリート版が何の事か解らなかったからそれでいいやと買ってきました。 後悔する羽目にならないといいが。
父さんがWiiFitを欲しがってましたが、あの体重計みたいなのとソフトのセットで8400円すると知って諦めてました。

とりあえず箱ではテイルズオブヴェスペリア、Wiiではルーンファクトリーフロンティアを真っ先に買う予定。
本体購入用に7万握りしめていたから、やや余裕あるなとルーンファクトリー一緒に買おうかと思ったんですが売り切れ中ですタグがつけられてて全俺がめげた。
ねぎ祭り

おつまみ用にと仕事帰りにスーパー寄って長葱2本128円で購入。
ええ、帰宅して母さんが驚きの声をあげました。
短く切って、レンジでチンして、それだけじゃ写真に撮るには白くていまいちな絵だろうと、申し訳程度にバターを投下したフライパンでじゅーっと焦げ目をつけ。
うっかり焦がし過ぎてるようにも見えますが、苦くはありませんでした。
1本の四半分程度使ったかなくらいの量だったと思います。 翌日、1切れ辺りこの2倍程の長さを7つ用意したんですがうっかり写真を撮り忘れてしまいました。 ぎゃふん。

エリンギ

何かとても暴力的な絵になっている気がする。
まるっとエリンギ2本です。 148円くらいで4本だったんですが4本全ては多いなとでかいのを選んで2本。 これまたレンジでチン。
やたらとテカってるのはバターを塗ったため。 深夜だしって事でバターは物凄くちんまりと切り取って使ったのに、意外としっかり塗れたようだ。
どこかで「エリンギなんて食感だけしかない」と見た記憶があったのでやや不安だったのですが、食べてみるとちゃんときのこ味してました。
とても噛み切りにくかったです。 包丁で半分程度に切っておけばよかった。

まいたけ

まいたけどっさり。 やっぱりレンジでチン。 その後ポン酢をかけていただきます、と。
しめじやえのきにあるような、木にくっついてたと思しき土がついてるような感じの部分(石突って言うんでしたっけ)が見当たらない気がしたので、末端を包丁で切り取りはせずまとまってるのを手でちぎって小分けにするだけでレンジに放り込んだわけですが、皿に茶色い水がたまってた
見た目泥水か何かみたいな暴挙に うわぁ とちょろちょろ流しに捨てたのですが、実は見た目が悪いだけでまいたけさんの旨味汁なんだってオチだったりしたら……してもいいや。

キャベツ祭り

キャベツ祭り。
会社で昼休みに見たレシピサイトを参考に、レモン汁と醤油をかけて、鰹節どっさり乗せてレンジでチン。
お前それ盛り切れてねぇよ何盛りだよしそうなくらいのキャベツっぷりだったというのに、加熱するとものすげーかさが減るわけで。
半玉128円やそこらで先週木曜だったかに買って、土曜からちまちま食べてるんですがこじんまりしてきたけどまだ残ってる
コストパフォーマンス優秀ってレベルじゃねー、しかもシャキシャキしてて甘くて美味いときたもんだ、これはいい。

レモン汁は我が家になかったので会社近くのスーパーで昼休みに買ってきたんですよ。
150ml525円
レモン汁って高いんですねぇ。 レモンと言えばアメリカ辺りを産地としてるのが主流だろうって所、広島産レモン100%なんてうたってる代物だったから、余計割高だったのかもしれませんが。

馬刺し

何やらひどくぼやけてしまってかなりしょんぼりになっていますが馬刺し。
会社のうちの部署の第一回忘年会の時のものです。 つまり第二回とかあるのか。
生肉だ生肉だフレッシュミィィィィィィトゥと大喜びで食べたら、冷凍保存されてて解凍が不十分だったのか、何やらしゃりしゃりしてました。 しばらく置いて食べようという事に。
基本的に匂いが解らないor何か変質した匂いになっているボブお兄さんですが、豚肉や牛肉などよりも匂いがキツいんだな程度には解った!(口から鼻にかけて?広がる空気が違うなくらいは解るので。)

余談ですがメインディッシュの鍋の写真も撮ったんですけど、味噌仕立ての中にごちゃりと具材が入った様が見ようによっては吐瀉物だったためブログ掲載はやめる事にしました。

さぼてん キャベツとごま

祖母がどこかに食べに行こうぜと言うのでぶろろんと父さんが車を出してさぼてんへ。
まずごまとキャベツが出てきました。 このごまを各自すってね、ソースを注いでね、トンカツにつけて頂くのですよ。
しばらく来ぬ間にキャベツは別盛りになってたのか、以前はトンカツと一緒に盛られて出て来てたのに。
団体さんが来たので食事の提供遅れちゃいますよとの店員さんの言に違わず、10分以上かそこら待つ羽目になったぜ!
その間もりもりキャベツ食ってました。 和風(多分ノンオイル)ドレッシングかけて食うとうめぇwwwww

さぼてん ロース・メンチ・チキン

満を持して登場のトンカツとか達。
ボブお兄さんは「気分で選べる定食」とかそんなのにしました。
揚げ物3種ずつ9つある中から3つ(3種の中からロース、3種のryメンチカツ、3ryチキンカツを選びました)・サラダに大根とじゃこの梅風味、ポテトサラダのうち前者・ご飯を白米か五穀米のうち後者というチョイス。
うーん、個人的にはやっぱりトンカツとキャベツは一緒に盛られてる方がいいなぁ、トンカツ皿が茶色すぎて彩りに欠ける。

うっかりキャベツを取り皿に3回分食べたせいか、危うく食べ切れない所でした。 いかん、危ない危ない危ない……

祖母が物凄い勢いでさぼてんを褒め称えてました。 曰く、落ち着いた気分で入る事が出来る。 曰く、お値段もお手頃。
ボブお兄さんのこの気分で選べる以下略は確か、1500円したはず。 個人的にはちょっと高いかなレベルだなぁ(外で気軽に食う昼食や夕食は1000円クラスというイメージがあるので)

回転寿司

日曜日に買い物のため父さんに最寄駅まで車を出してもらい、そのついでに駅ビルにある大人気の回転寿司屋さんに行ってきました。
その人気ぶりたるや、仕事帰り18時過ぎに本屋寄るついでにちらりと店を見ると、ずらりと並んだ椅子に一杯人が座って待っているとか……っていうか、この時は11時開店の所、その10分前くらいに着いたんですが、既に店の外の椅子一杯に人が待っていたという有様。
どんだけ大人気やねんと。
写真は注文用紙に書き込んで頼んだ右のまぐろ・はまち、奥のサーモン、回ってたのを見て気になったから取った、左の何やらこりこりした食感のものという絵。
ボブお兄さんが回転寿司に入ると概ね最安値orその一つ上のランクのネタしか頼まないから困る。 とりあえず言える事はまぐろ大好き!!!!! どこでもまぐろは最安値くらいの位置づけでよかったぜ。 漁獲量制限するから値上がりするかもよなご時世マジファッキン。 

ボブお兄さん的には10:30に起きてすぐ着替えて車でぶろろんしての、朝食としての食事だったせいか、7皿14貫で魚の脂で気持ち悪くなってきたという暴挙。
がんばればあと2皿4貫は入りそうって状態でしたが自重する羽目に。 ちきしょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。