カウンター
[PR] ネイルスクール まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目 一人焼肉 12回目
FC2ブログ

まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目

mabinogiとかオフゲーとかリアルライフとか

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

一人焼肉 12回目 

2010.01.18 20:35

お高い焼肉に行く予定が入ったので急遽予定を早めて行ってきました。

一人焼肉 1 2 回 目

前半戦

左奥:にんにくごま油
右奥:豚タン
左真ん中:豚バラ
右真ん中:砂肝
左手前:牛ミノ
右手前:極上トロカルビ

実は当日までラーメン行くか焼肉行くか迷ってて、そのせいでうっかり前回何食べたのか確認するのを怠ってました。
どうやら覚えてなかったのに前回とかぶってはいないようだ、鉄板のカルビ系と豚タンは置いといて。
SS上げる時にぼやけた写真っぷりにちょっと絶望したけど、この後網に乗せた写真があるからいいよね……?
全体撮ろうとすると立ったくらいの高さまで携帯電話上げなきゃならんのがなぁ。 と、言ってから単に立ちあがって撮ればいいと気付き。
一人で来た上に高く腕上げて携帯構えてんだから、今更立ちあがった事で向けられる奇異の視線くらい大したことないな、うん。

全種乗せ

まずは全種乗せ。
豚バラさんの存在感がすさまじい、これで290円ってんだから素敵過ぎます。
問題は4枚しかなかった事。 前に注文した時も言ったような記憶がありますが、大事な事なので2回言いました。
上の全体写真の通り、色の違うのは牛ミノさんです。 タレをまとわせたタイプのおにくは塩か味噌かを選べるんですが、その事すっかり忘れて単に種類だけで注文したら他は塩なのにミノさんだけ味噌だったというオチ。

裏返し

そして裏返してぱしゃり。
あれだけオレンジ色を主張していたミノさんが焼くとマイルドな色になったよ! ふしぎ! ……不思議なのか?
豚バラさんだけちょっと焼きが甘い気がするけど全種裏返しをさっさと撮りたいがために他のおにくに合わせたなんて言えない。

フリーダム……?

にんにくがどいてフリーダムの図……と、言いたい所ですがあんまりそう見えませんね。
いつものように5種、うちいくつかを2枚にして総勢8枚程度とやってたら食べるのが追いつかないからと、大き目の肉を残しておいて満を持して乗せて、でかおにく祭りじゃフハハハハハハな気持ちでいたんですが今見てみると……
フレッシュミートカーニバルは人をおかしくさせるというわけですね!!
でもこれだけは言える、右手前のカルビの脂身が異常。

ファイアアアアアア

七輪に炭入れて、というスタイルなせいか炭の盛られ具合によっては火勢がいまいち弱かったりします。
今回その例に当たったんで頼りない感じだったんですが、すさまじいカルビの脂身具合がやってくれました。
多分今回ないだろうなと思っていた炎上写真が撮れたぜヒャッハァ!!

炎上後

で、大体炎上を呑気に撮った後は3枚くらいが表面焦げおにくになるんですが、今回はこの程度で済みました。
奥隣が脂たっぷりの豚バラさんだった割に被害が殆どない。
カルビさんも見た目は悪くなったけど焦げてしまった味もそう強くなく、珍しく気にならない炎上後でした。

後半戦

後半戦。
ほたて磯バター焼きと丸ごと焼き海老。 ついでに前半のにんにくの残り。
ほたてバターには下にワカメが敷いてあります。

乗せ

そして乗せ。
海老の火の通ったタイミングがよくわからなかったんですが、全体的に白くなったらという程度で問題なく食べられました。
ほたてさんの方がもっとよくわからなかった。 にんにくごま油なら泡が出てぐつぐつしだすんですが、こっちは裏返したら湯気が立ち上る程度。
結局海老を3つ・4つで2度焼いた後に網から回収、流石に家でたまに出る離島在住の叔母さんとこから送られてくるとかなほたてさんとは違う気が……
海老の方はなかなか良い感じでした。 後半にもうちょっと食べるという役にはうってつけ……ではあるけど、うまいうまいとがっつく程好きなわけではないので、他にもっと惹かれるものがあればそっちかなぁ。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://hynmabi.blog57.fc2.com/tb.php/473-4db7c39a

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。