カウンター
[PR] ネイルスクール まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目 ディシディア ファイナルファンタジー

まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目

mabinogiとかオフゲーとかリアルライフとか

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
買っておいたのをうっかり忘れてもう1個買ってしまう所でした。 いかん、危ない危ない危ない……

というわけで歴代FFキャラ達による格ゲーと聞いてどんなものかとわくわくしていたディシディアさん、バトンでちらりと言いましたがまび放置してプレイしまくってました。

○ボタンでブレイブ攻撃・□ボタンでHP攻撃を繰り出します。
「ブレイブ」というのは、HP表示の上に書かれている白い(相手を倒せる数を上回っていれば青い)数字で、○ボタンのブレイブ攻撃を当てると敵のブレイブを奪う事が出来ます。
相手ブレイブを0にすると「ブレイク状態」となり、自キャラ・敵キャラ間に表示されていたブレイブがブレイクさせた側のブレイブに加算されます。
□ボタンのHP攻撃が当たると、ブレイブの値そのままHPを減らす事が出来ます。
HP攻撃を当てると、当てた側のブレイブは一時的に0になり、緩やかに、少し経つと急速に基本値(レベルや装備で設定されている初期値)へと回復していきます。 HP攻撃当てた直後にうっかりブレイブ攻撃で反撃もらうとあっさりブレイクされる危険があるという罠。

敵の攻撃への防御的対処は2つ
Rボタンでのガード、方向キー+R+×での回避
ガードと言っても一般的な格ゲーみたいに文字通り防いで耐えるタイプのものではなく、近接にしろ魔法にしろ、はじき返すといったタイプです。
近接なら成功すれば敵がよろめくので反撃確定、魔法なら成功すれば明後日の方向に飛んで行くorガードタイミングがよければ敵に向かって撃ち返す、といった代物。
それ故か入力からガード判定発生までに間があるらしく、近距離で敵の近接モーション見てからRボタン押してる感じだとほこほこ殴られます。 てめーこんにゃろーガードボタン押してんじゃねーかよぶっ○すぞになること請け合いです。 ここで攻撃来るだろうと先読みする感じで置いておくが吉。
回避は入力方向にジャンプする感じで。 空中でのジャンプは基本的に1回なのですが、回避してると幾らでも滞空していられます。 無駄に回避しまくってどんどん上空高く上がっていく事も可能、意味はありませんが。

基本的にはこんな感じです。

ストーリーモードでは殆ど「イミテーション」と呼ばれる各キャラの水色半透明版な偽物キャラを敵として戦っていく事になります。
僕の場合御多分に漏れず、とにかく近づいてぶん殴ってやれプレイをしていたのであまり実感はしなかったんですが、どうもこの場面でこの技を使う、といった傾向が非常に強く且つワンパターンなようで相手の技の特性を知れば安定して勝てるものなのかもしれません。
僕? めんどくさいから適当に回避挟みつつ執拗に近接攻撃しかけてました。 どっちがイミテーションなんだか。
歴代キャラがちゃんと登場するのはステージのボスとして程度でした。

プレイする日によって特典がついたりつかなかったりします。
AP(各種攻撃等、戦闘中に行う行動=アビリティをマスターするためのポイント、マスターするとセットしておくのに必要なポイントが減ったり新たな技を覚えたりする)
PP(追加要素を購入するためのポイント、最初は使えない敵側キャラを解禁する等)
EXP(経験値)
GIL(ギル、お金)
のいずれかが、1+(PPで購入したカレンダーアイコン強化Lv/10)倍されます。
初回プレイで「一番長くプレイする曜日」と設定した日は「スペシャルデー」、4種全てが倍率補正かかるのに加え、4種くらいある素敵効果から何か1つ起こります。 敵のアイテムドロップ率+1%とか。
早々に経験値アイコン強化Lv5にしてたので1.5倍でストーリークリアしたら
素の状態でクリアしたクラウドLv14
1.5倍でクリアしたバッツLv20
えらく差がついてしまいました。
彼我のレベル差が大きいと、レベルの高い方に基本ブレイブ値が加算されるので、経験値倍率補正期間にストーリーモードをプレイするのはバランスが壊れる恐れがあります。
ええ、初期の10人ストーリークリア後をEXP補正のある日にクラウドでずっと進めてたらイミテーションでない歴代キャラの敵がレベル40台なのにこっちは60近いとかなりました。

ストーリーをクリアしてスタッフロールついたエンディングを見てからがこのゲームの本番です。
というのも、高位の武具は大概お金に加えて素材アイテムも必要になるんですがレベル50辺りの武具以上は、エンディング後に解禁になるデュエルコロシアムでないと得られないみたいなんですよね。
メインに据えてプレイしてたクラウド、経験値補正のおかげでストーリークリア時にはレベル90程、もうすぐカンストの100って所までは行ってたんですがいかんせん装備が貧弱。
デュエルコロシアムで同レベルくらいの敵と戦うと装備の差のせいなのか、こっちが殴ってもブレイブダメージ50程度なのに相手に殴られると200とか持ってかれるとかな暴挙でした。

というわけで1、2時間×3回くらいデュエルコロシアムしてたんですが、どうも僕はこのゲームと相性悪いんじゃないかって気がしてきました。
賢明な読者はお気付きであろう……これ読み合いゲーっぽいんですよね、ガードの仕様なんか特に。
で、CPUが……当然ながらもりもりガード決める。 素直に近接攻撃せずに攻撃すると見せかけて回避とか挟んでても相手はCPUなわけだから惑わされる事はなく、攻撃仕掛けた時だけ綺麗にガード決めて弾いてくれる。 で、殴られてカウンター攻撃発動してクリティカルでもりっとブレイブ持ってかれる。
逆にこっちはというと、ガードは出が遅い上にスカると1秒くらいその場で硬直する、しかも相手の攻撃がガードブレイクつきの技だとよしんばタイミング合っても崩されてお構いなしに殴られる。 こんなの怖くて使ってられっか、と、よっぽど動きの解りやすいイミテーション相手以外は封印プレイで回避オンリー。
故にこちらの当てる攻撃は殆どクリなし素ダメージ、必死こいて3度くらい攻撃当てたのに、1度CPUにガード決められクリたっぷり乗せた攻撃もらってブレイブ値的に仕切り直し……どころか、ひどいとむしろこっちの方が不利。
おそらくCPUの思考設定が然程強くなかった序盤や、こっちの方が過剰にレベルが高かった後半ストーリーでは気にならなかったんですが、敵のレベルも思考設定も強くなったデュエルコロシアムではフラストレーションの溜まるプレイが目立ってきました。 「最強」設定のCPUマジ鬼畜。
おつむも反射神経も弱い僕はこんな、相手キャラの特性を熟知し・行動を読んで確実に決める重い攻撃 じゃなくて 適当にばら撒いて牽制しつつちまちま持ってく ようなのが好きなんだ、多分。
それとも、兎角超反応してくるCPUじゃなくて対人戦やってればもうちょっと違ったのかなぁ。

結局1キャラレベルカンストする程度でディシディアさんは終了しました。
ドラゴンもまたいで通るお胸が貧しい鬼畜魔導師の中の人が演じるちんまい子とか、ダンボールについて熱く語るスニーキングミッションの名人の中の人が演じるごっつい兜かぶった人とか、自分で使ってみたい気もしてたんだけどな!
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://hynmabi.blog57.fc2.com/tb.php/303-d19052ac

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。