カウンター
[PR] ネイルスクール まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目 えりめ三国志9 10回目

まび日記 せっかくなので書いてみる 2冊目

mabinogiとかオフゲーとかリアルライフとか

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
以前の三国志9記事は1冊目参照

圧倒的兵力差

ぷぷブラザーせいらん隊が涙目で敗走wwwww っていうか壊滅し、くろむん・ゆひあん隊も壊滅寸前でかろうじてそれぞれ櫓・港へ逃走。
ついカッとなったボブお兄さんは戦力を立て直すと、まだ立ち直っていない名家の人都市約3万へ12万近い兵力を投入したのでありました。

Q.一つだけなんでここに居るんだ的な部隊があります。 誰でしょう。

や、上で名の出てないくえいどさんだってバレバレでしょうけど。
うん、抜擢SSの後ろで暴れてますよな絵があったけど明言はしてなかったから誰も覚えていないと思うのですが、実はくえいどさん、ショウエンエーン&みまと共に名家領南西端を攻略してました。
が、背後からもりもり出てくる援軍を前に敗走。 ショウエンエーンは壊滅し、兵力をやや残していたくえいどさん&みまは川を下り、丁度このSSに載ってる白馬港まで落ち延びたのでした。
んでもって、壊滅寸前で逃げのびたゆひあん隊の残兵と併せてなんとか5万強を工面しましたよというオチだったりするわけで。

ゆひあんVS反骨

ゆひあんVS反骨。
まりん軍に仕官してきたはずの反骨が何故名家軍に居るかって?
港攻防戦で捕虜になってたのすっかり忘れてたんだよ!!(AAry)
ずっぱり処断されたそーじんさんに対して、反骨はなんか奥の方の都市で大将やってました。
なんだこの境遇の差。

余裕の勝利

まりんさんを見限った反骨さんはどんどんしまっちゃおうね。
90強と一級品の武力持ちを相手に安定した勝利を見せるゆひあん、流石は戦鬼だぜ。

ぞろぞろ援軍

上の12万で怒涛の攻め後、北と西に別れて攻略していたのでした。
北はエロス大納言&ゆひあんを筆頭とし、対する西はくろむん&みま。
で、一騎打ちで破った事もあって、1万で迎撃に出てきた反骨がもう瀕死の様相を見せる中、東からはもりもり援軍が。
反骨さんは落とせるだろうけど、肝心の都市の方はゆひあん連弩が発動してくれなかったら確実に間に合わない間合い。
せいらん部隊出してないから城への攻撃は大納言&ゆひ合わせても1日辺り400くらいしか通らなかったんですよね。

なんでうちの、それも櫓を取りに来るのだ烏丸

結局なんとか間に合って名家軍はすごすごと帰っていきました。
は、いいんですけど、なんか烏丸に宣戦布告されました。
このタイミングで烏丸まで攻め込んでくるのか!! と、思えば様子がおかしく。
部隊情報を見るとですね、櫓が目標とあるんですよ。
SS右下、ウィンドウの陰辺りに居る烏丸大王軍。 目指すはSS左端の、今攻めてる城への中間地点として設けた櫓。 ぶっちゃけもう城にこもってる敵兵少なくて勝利決まったようなものだから用無しの櫓。
なんでこんなの取りに来るんだ。 

結局攻められなかった

反まりん連合解散のお知らせ。
えーっと、期限60ターン=1年8か月でしたっけ?
結局その間南から攻められる事は全くありませんでした。
各勢力2、30万程度の兵がいて、かき集めれて攻めいればまりん軍大ピンチだったのに。

何それ(゚Д゚)

ありのままこの時起こった事を話すぜ!!
反まりん連合が解散したと思った直後に再結成された。
催眠術とか超スピードとか、そんなチャチなモンじゃ断じてねぇ。
もっと恐ろしい嫌われ勢力の片鱗を味わったぜ……

おまいらそんなにまりんさんが嫌いか。 信望はむしろ他勢力をダントツで追い抜いているというのに。

反骨さん何してはるんですか

西の城へ逃げ、そこもまりん軍に落とされ、更に南の砦(?)へ落ち延びた反骨さんでしたが、たった一人な上に兵力もないとあって降伏したのでありました。
個人的に史実の反骨さんは裏切ったわけではなく、仲の悪かった偉い人とのどうしようもない意見の行き違いによる仲違いの末に孤立無援になって始末されてしまった的な印象があるんですが、その割にこの、所属勢力に見切りをつける様がやけに似合うと思ってしまうのは何故だろう。
現実は危なくなっても魏に逃げたりしなかったのに。

髭の人のチートガード

残すは北東の2都市となった名家勢力。
ブラザーに櫓を作ってもらい、ショウエンエーンに援護させ、そこを中継地点として攻め込むと出迎えた関羽さん。
獅子奮迅の大活躍でしたよ。 具体的に言うとこっちの兵法6回発動して4回ガード。
どんだけ鉄壁やねんと。

余談ですがこの戦いでせいらん部隊ボブお兄さんが偽報にかかりまくって、都市近くから行ったり戻ったりしながら徐々に櫓に近付き、最終的に士気が30かそこらの点滅状態に陥るというとんでもないアホの子っぷりを発揮していました。
こんな事なら無理にえりめ&抜擢、おまけに強い中華武将なんて編成にせず、櫓に計略要因で待機させてた教唆もちのかくかくさん入れとくんだった(´・ω・)
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://hynmabi.blog57.fc2.com/tb.php/2-73458ebe

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。